黒塚KUROZUKA 第10話「幻影城」   

2008年 12月 16日

 赤帝城に潜入したクロウとライ。クオンは何処? とか思っていたらクオンは赤帝のスパイでした。
 クロウを捕らえた長谷川はクロウのことを千年前から知っているといいます。しかしクロウには覚えがない。クロウが見た夢を長谷川は20年前の映像として残していました。

 長谷川はクロウ自身も忘れている事を知っていて、そしてクロウの不老不死の謎と記憶が失われている理由を教えるのでした。

にほんブログ村 アニメブログへ   web拍手を送る




 クロウの不老不死と記憶喪失の理由は、クロウの断片的な記憶から以前に予想していたことが大体当たったかなって感じです。
 やはり黒蜜がクロウの首から下を交換していたんですね。一番最初に、未だ黒蜜の血が完全に馴染まないうちに首を落とされたのが原因と考えてよいのかな? 100年に一度、体を交換して生きていたのだそうです。今の体は自衛官の物だそうですよ。100年も経つと老化するからなのかな?

 長谷川は既製品の他人の体ではなく、最適な体をクロウに融合させたら最強の戦士になるのではないかと考え用意しました。その体というのがクロウの血から作られたクローンで、それがクオンでした。

 クオンの元になったクオンの体の細胞からクローンとして5年前に作られたそうです。その時黒蜜は既に赤帝城に居てクオンの出来に満足していました。クオンは黒蜜の寵愛を受けたくて命じられるままに埴輪に潜り込み、クロウを赤帝城に案内してきたのでした。
クオンの想いを知ってか知らずか、黒蜜は全ては愛するクロウの為に体を作っていたのでした。

 だったらクロウが埴輪に関わった意味が分からないな。こんな遠回りしてないで、黒蜜が最初から赤帝城に連れていけば良かったんじゃないの? 沙仁輪やカルタたちの死が無駄に思えて可哀想。

 クロウの血をライに注射しようとした長谷川をクロウが殴ったこと(クロウが触れたこと)で長谷川が激怒。黒蜜の血でパワーアップしてクロウと対決することに!?

次回 第11話「戦輪廻」





★exciteにTBが飛ばない方はミラーブログを設置しておりますのでこちらもどうぞ。
たらればブログ別館→http://blog.livedoor.jp/justy04_1/
[PR]

by saigakuji_x20a | 2008-12-16 01:06 | アニメ

<< 黒執事 第12話 「その執事、寂寥」 機動戦士ガンダムOOセカンドシ... >>