CLANNAD~AFTER STORY~ 第8話「勇気ある闘い」   

2008年 12月 13日

 智代が相手グループの一員をブッ飛ばしたおかげでカズトが復活したという噂が真実味を帯びてしまった。おかげで相手グループはカズトが復活したならばもう適わないと破れかぶれになって戦いを仕掛けてくるようになってしまい、警察までもが出て来かねない状態に。

 有紀寧はなんとか警察沙汰を回避しようと相手グループに和解を持ちかけますがカズトが偽者だと言っても聞く耳を持ってくれません。結局お互いのカズトと相手グループの代表がタイマンで対決し、負けた方が相手の傘下に入る…ということになってしまいました。
にほんブログ村 アニメブログへ   web拍手を送る




 争いを回避する為にカズトに連絡を取るように勧める朋也の言葉にも頑なにカズトとは連絡が取れないと言う有紀寧。結局カズト復活説の張本人である春原がカズトの代理になることになってしまいました。つくづく春原っておバカ~~~。

 タイマン当日、渚が差し入れた早苗のパンを食べた春原たちは再起不能に陥ってしまい、食べなかった朋也が代理の代理になることに!!
 自称不良な朋也ですが、本物とはレベルが違ってヤラレっ放し。だけどスタミナだけでかろうじて倒れないでいました。そこへようやく現れたカズト? しかしそれは有紀寧が変装したものでした。

 そこでとうとう明かされた真実。カズトは既に亡くなっていたのでした。それが明るみになれば争いが起きると今まで秘密にしていたのだとか。まるで武田信玄が影武者を立てたみたいですねーーー。
 有紀寧の気持ちが通じてグループ同士の争いは回避されました。


 今回は作画が……(-_-;)でした。お話の内容も…あんまり感情移入できませんでした。私的にはイマイチ(死語)回でしたね。
 寝不足の有紀寧に朋也の膝枕を提供する渚が面白かったです。呆れた朋也が渚に「何とも思わないのか?」と言ったり、渚も「ちょっと妬けますが…」と一応付き合っている彼氏と彼女の会話が聞けたのが良かった。

 さすが早苗のパン! パンが強化されただけでなく、頂き物のジャムを塗ると更にパワーアップした!! 一体どんなジャムだったんだ!? 恐ろしいな……。

 次回からはようやく渚と朋也の話……ですよね!?

次回 第9話「坂道の途中」





★exciteにTBが飛ばない方はミラーブログを設置しておりますのでこちらもどうぞ。
たらればブログ別館→http://blog.livedoor.jp/justy04_1/
[PR]

by saigakuji_x20a | 2008-12-13 16:32 | CLANNAD-AFTER STORY- | Comments(0)

<< かんなぎ 第10話「カラオケ戦... ソウルイーター 第36話「放て... >>