CLANNAD~AFTER STORY~ 第7話「彼女の居場所」   

2008年 12月 06日

 いつも学校の資料室に居る有紀寧の元には不良の方々がやって来ます。喧嘩で負った怪我の手当てとかをしてくれたりと、グループを問わずに皆が有紀寧の世話になっているということで信頼しているようでした。
 有紀寧の兄のカズトは町を二分しているグループの一つを仕切っている伝説の人だった。闇討ちを避けるために顔も居場所も秘密にしているが実は入院しているといいます。

 有紀寧と一緒に下校していた渚、朋也、春原は途中で勇という少年に出会いました。勇の姉はカズトのグループに入っていて、家を出てしまった姉を探して欲しいというのです。勇が金髪の春原をカズトと勘違いしたのを良いことに「自分がカズトだ」と嘘をついた春原。これが後々に災いの元に?
にほんブログ村 アニメブログへ   web拍手を送る




 勇の姉の居所が分かり、皆の溜まり場に行った渚たち。勿論そこで春原が「カズト」ではないと判明してしまうのですが、敵対するグループには既に春原がカズトだという誤った情報が流れていました。溜まり場からの帰り道で敵対グループに襲われる春原、渚、朋也、有紀寧。しかし偶然通りかかった智代に助けられたのでした。それが誤った情報に拍車を掛けてしまうことに???

 写真も無いというカズトの顔は有紀寧に似ているそうですが……可愛いタイプで影の支配者?? スゲー!!

 グループに入っている人の殆どが家族と上手くいっていない人だという話を聞いて朋也はどう思ったのでしょう。自分も春原や渚と出会わなかったらこのグループに入っていたのかも知れないと考えていたのでしょうか?

次回 第8話「勇気ある闘い」





★exciteにTBが飛ばない方はミラーブログを設置しておりますのでこちらもどうぞ。
たらればブログ別館→http://blog.livedoor.jp/justy04_1/
[PR]

by saigakuji_x20a | 2008-12-06 00:58 | CLANNAD-AFTER STORY-

<< かんなぎ 第9話「恥ずかしい学... ソウルイーター 第35話「嵐の... >>