ソウルイーター 第34話「BREW争奪戦!~激突、死武専VSアラクノフォビア?~」   

2008年 11月 27日

 BREWがあるのは、アラスカの北にある島「ロスト島」。以前には魔女の魔道具開発施設があったが、事故により施設は壊滅。その爆発の影響で特殊な魔力の磁場が発生した。その磁場の中には20分しか居られない。
 磁場の中に入ったのはシュタイン博士とマリー。マリーの能力を使えば5分で戻って来れると言っていたのに15分経っても戻らず、魂反応も消えてしまった!!

 勿論アラクノフォビアもBREWを奪いにやって来た。ミフネVSシド先生、ジャスティンVSギリコ!! 勝つのはどっち?
にほんブログ村 アニメブログへ   web拍手を送る



 突然の展開? マカのチームとオックスくんのチームは、一つ星の中でも選ばれた死武専生はBREWが在るというロスト島に来ていました。
 マカたちの役割は特殊な磁場に入るシュタイン博士たちを磁場の外で待っていること。アラクノフォビアの攻撃もあるだろうと予測出来るので戦いは免れない。

 5分で戻ると言っていたシュタイン博士たちは15分経っても戻らず、それどころか魂反応まで消えてしまった。死神の体質ならば…と磁場の中に入ろうとするキッドと、一緒に行こうと言うマカたち。チームだしね!
 そこへ現われたアラクノフォビアの集団をオックスくんのチームが引き受けてくれました。初めてオックスくんやキリクの戦いを見ましたが強いんですね! キリクは見た目でも強そうだけど、オックスくんが意外でした。ジャクリーンの持っていた武器は一見カンテラ? とか思ってたけど、火炎放射器のような武器でした。スンゴイ火力!!

 磁場の中は島が爆発した時の様子を残していました。“いかつい頃”の死神さまがやって来たので魔女たちは施設を捨てようとしていたようです。
アラクネは死神様を施設に誘き寄せてBREWごと爆破し、抹殺しようと企んでいました。BREWは爆破ごときでは壊れることはないけれど、爆破することで死神様の目から隠そうとしていたのです。そして800年後に取り戻そうとしていたのでした。

 マカたちをこっそり追いかけているネズミ…ミズネも磁場の中に入っていました。メデューサ組は死武専とアラクノフォビアが戦っているうちにBREWを横取りしようと狙っています。

 磁場の外では別働隊としてシド先生の部隊も編成されていました。立ちはだかったのはミフネです。シド先生も強いんだけど、ミフネとの戦いでシド先生は怪我をしてしまいました。大丈夫かなぁ…。

 ジャスティンはスペシャルチューンのスノーモービルで雪崩と共に登場しました! 大音量のせいで発生してしまったようです。ギリコの部隊を雪崩で壊滅状態にしたのは偶然? ジャスティンVSギリコ再びですね。多分決着はつかないんだろうけど。

 皆が狙っているエイボンの最高傑作のBREWってどんな武器なんでしょうね? この戦いのおかげで鬼神の方は一時棚上げですか? クロナも暫くは出番無しかな?

次回 第35話「嵐のモスキート!~在りし日の世界、制限時間は10分?~」

TB先  http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/474-b5fb00cd
     http://blogs.dion.ne.jp/kazami3/tb.cgi/7840366




★exciteにTBが飛ばない方はミラーブログを設置しておりますのでこちらもどうぞ。
たらればブログ別館→http://blog.livedoor.jp/justy04_1/
[PR]

by saigakuji_x20a | 2008-11-27 01:23 | ソウルイーター【終】

<< CLANNAD~AFTER S... 機動戦士ガンダムOOセカンドシ... >>