CLANNAD~AFTER STORY~ 第4話「あの日と同じ笑顔で」   

2008年 11月 14日

 う~~~ん… (-_-;) 今回芽衣がすっごいウザく感じてしまいました。もう少し賢い娘だと思っていたのに、ブラコンが彼女を盲目にしてしまったのか? 皆が親切に思い留まるように言っても聞きやしねぇし。

 昔みたいにサッカーに打ち込むようになれば元のお兄ちゃんにきっと戻るに違いない。もうサッカー部に戻るしか方法が無いと思い込み過ぎじゃないかな。サッカー部に拘ることはないと思うのよ。秋生みたいに子供たちに混ざって…とか方法はあるのに、なにもあ~んな素行の悪そうなサッカー部に無理に戻さなくってもさぁ……。
にほんブログ村 アニメブログへ   web拍手を送る




 それにサッカー部の言い分にも一理あると思う。全く得する事無いし、ボランティアをしてやる義理も無いでしょ。それでもゴリ押しするから、結局は嫌がらせ球拾いをさせられるし。
 春原が芽衣たちのやっている事を知っていて知らないフリをしていると聞かされてとうとう泣き出してしまった芽衣。これは反則でしょう。これではまるっきり前回の公園でイジメられていた子供と一緒。「お兄ちゃんは来るもん」って泣き方まで小学生並み……。なんかガッカリしてしまいました。

 結局はヒーローのように現れた春原とキレた朋也がサッカー部員と喧嘩になったみたいだけど、表沙汰にはならなかったのかな?
 部員との喧嘩の後は春原と朋也のガチンコですが、春原ってマジで朋也と芽衣が付き合っていると思っていたのか!? 今まで渚が居たのにも気付いてなかったのにも呆れてしまいましたよ。

 男は拳で語り合う…というのでしょうか。翌日になって腫れた顔で登校した朋也は春原と顔を会わせると、ハラハラして見ている渚をヨソに笑い合ったのでした。

 春原と朋也が初めて会ったのは、春原がサッカー部で乱闘事件を起こして職員室に呼ばれていた時に朋也は別の喧嘩の件で職員室に呼ばれていた。その時お互いの顔を見て笑い合ったのがきっかけでした。高校に入って初めて心の底から笑ったのがその時で、春原とバカをやるのも悪くないと思ったのだとか。

 ようやく早苗が渚のお母さんだと知った春原でした。

次回 第5話「君のいた季節」

TB先  http://dengekijap2.blog102.fc2.com/tb.php/1276-7bd8b86f






★exciteにTBが飛ばない方はミラーブログを設置しておりますのでこちらもどうぞ。
たらればブログ別館→http://blog.livedoor.jp/justy04_1/
[PR]

by saigakuji_x20a | 2008-11-14 22:46 | CLANNAD-AFTER STORY-

<< かんなぎ 第6話「ナギたんのド... ソウルイーター 第32話「聖剣... >>