黒塚KUROZUKA 第4話「埴輪人」   

2008年 11月 02日

 第二次世界大戦の日本。その時にも黒蜜とクロウは何者かに追われていました。追手はまるで某アニメの“千年公”のような体型でしたよ。CVも滝口順平さんでしたしっ! 名前も無いキャラに滝口さんを起用するなんて贅沢!!

 クロウは記憶が失われているようです。自分がどのようなモノなのか、いつから黒蜜と共に居るのかも思い出せないらしい。それは何故なのか、語られる事があるのでしょうか?

 黒蜜は何者かに攫われていました。赤帝軍の印を付けている服(?)を着ていましたが?

にほんブログ村 アニメブログへ   web拍手を送る




 ライの部屋で目覚めたクロウ。埴輪に誘われても一旦は断り部屋を出ますが、結局後になって組織を訪ねました。そこで埴輪を仕切っているイザナに会います。イザナが「秘密の地下」でクロウに見せたものは、20年前に撃たれて落下した黒蜜が倒れていた現場でした。
 黒蜜を攫ったのは赤帝軍。黒蜜の「血」は兵器だから奪わなくてはならない言うイザナ。しかしクロウは見ていたのでした。
黒蜜を攫ったのはイザナだったのです。

 黒蜜に会いたければ自分たちに強力するように言うイザナ。クロウはそうするしかないのかも知れません。

 鎌倉編は? この時代の弁慶はどうなっているの??

次回 第5話「沙仁輪」

TB先  http://app.blog.livedoor.jp/emanon7/tb.cgi/51531620




★exciteにTBが飛ばない方はミラーブログを設置しておりますのでこちらもどうぞ。
たらればブログ別館→http://blog.livedoor.jp/justy04_1/
[PR]

by saigakuji_x20a | 2008-11-02 00:58 | アニメ

<< 機動戦士ガンダムOOセカンドシ... 黒執事 第5話 「その執事、邂逅」 >>