黒執事 第5話 「その執事、邂逅」   

2008年 11月 01日

f0119299_16425536.jpg

 再び起こった殺人事件。シエルがいくら調査しても該当する“人間”は見当たらない。セバスチャンは最初から言っていました、“人間には不可能”だと。裏を返せば、人間ならざる者には可能だと言っていたのです。
 そのことにようやく気付いたシエルが次のターゲットを予測して張り込んでいると、予想通りに事件が起こりました。現れたのはマダム・レッドの執事グレル・サトクリフとマダム・レッドでした。
 グレルの正体は死神で、マダム・レッドに惚れ込んで「手伝い」をしていたそうです。

にほんブログ村 アニメブログへ   web拍手を送る




f0119299_16442168.jpg

 プニプニ…プニプニ……。セバスチャンの猫好きシーンはカットされると思っていたので、カットされなくて良かった!!


「邂逅」ってサブタイトルなのにマダム・レッドの「走馬灯劇場」による邂逅シーンが原作に比べて随分と省かれていたので、“赤”ばかりを身に付けるようになった訳、マダム・レッドが犯行に至った心理状態とか、髪を切った理由とかが分かり難い。視聴者は感情移入し難くかったのでは?
馬車で出向いた先の屋敷が火事になっていて、それがファントムハイブ邸だってコトを原作未読の方は直ぐに理解できたのでしょうか? レイチェル(シエルの母親)の招きでマダム・レッドの快気祝いをする筈だったんですよね。

邂逅シーンはもうちょっと丁寧に作って欲しかったです。

 正体を現したグレル。福山潤さんがどんな演技で表現してくれるかがとても楽しみでした。オネエ言葉とか、漫画では文字で表現できる「これでも執事DEATH★」を台詞だけでどう演るのか…。なかなか難しかったけど、オモシロかったですよ。

 アニメでは「走馬灯劇場」はマダム・レッドだけでしたが、原作ではセバスチャンも切られる度に少しずつ出てたんですよね。ってことは、次回でもセバスチャンの過去一年間の走馬灯劇場は無いのかぁ、グレルがガッカリする程の内容なのに。

 次回は死神VS悪魔です。そしてマダム・レッドのお葬式。

次回 第6話 「その執事、葬送」

TB先  http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/429-a1f787d8
     http://hageshiki.blog122.fc2.com/tb.php/284-a848f300
     http://loliluna.blog53.fc2.com/tb.php/771-5103d991
     http://appletea100.blog7.fc2.com/tb.php/66-3438794c
     http://kurorizu.blog39.fc2.com/tb.php/287-99345493
     http://app.blog.livedoor.jp/auauauau___/tb.cgi/1052172
     http://hazimarinokeikoku.blog62.fc2.com/tb.php/275-0b58bc54     
     http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/tb.php/546-909888eb
     http://kj02ty.blog99.fc2.com/tb.php/541-e7805868





★exciteにTBが飛ばない方はミラーブログを設置しておりますのでこちらもどうぞ。
たらればブログ別館→http://blog.livedoor.jp/justy04_1/
[PR]

by saigakuji_x20a | 2008-11-01 15:20 | 黒執事

<< 黒塚KUROZUKA 第4話「... CLANNAD~AFTER S... >>