黒塚KUROZUKA 第1話「安達原」   

2008年 10月 12日

BS-11での視聴なので11日からの放送でした。

 義経と弁慶、吸血鬼モノ。宮野真守さん、中田譲治さん、朴璐美さんということで期待大な作品でした。キャラデザも個性的ではあると思いますが私は全然OKでしたね。ただ気になったのは弁慶も義経も足が細っっ!! それくらいかなぁ。

 原作は未読なのですが、えーーっと……弁慶とクロウが黒密によって不老不死の吸血鬼になり現代に至る…ということなそうですが、コレって黒密とクロウの恋物語なんですか??
にほんブログ村 アニメブログへ   web拍手を送る




 安達原って福島県に伝わる民話の「安達原の鬼婆」のコトかな?

 九郎と弁慶は頼朝の追ってから逃れて平泉に向かっている途中に安達原で黒密に出会ったという事で良いのでしょうか。黒密が「安達原の鬼婆」の元ネタ?
 山奥の民家に一夜の宿を求めた弁慶と義経は家主の黒密に「奥の間を除かないで」という条件で泊めてもらうことになりました。義経は体調を崩してしまいなかなか良くならず、弁慶は山を降りて薬を買いに行ったきり帰って来ない。弁慶が居ない間に義経と黒密の距離が近づいていきました。

 或る夜、気配を感じた義経は禁じられていた奥の間を覗いてしまいました。そこで黒密は人間の血を舐めていたのです!! 驚く義経に対し諦めた風の黒密。そこへ現れた追っ手!!

 黒密は腕を切り落とされ、義経も手傷を負ってしまいました。傷を負いながらも黒密を庇って戦う義経ですが、致命傷を受けてしまいます。しかし斬られた筈の黒密は立ち上がり追っ手を縊り殺してしまいました。

 やがて死ぬだろう自分を置いて逃げるように言う義経に黒密は「私と共に参りますか?」と決断を迫るのでした。

 義経を追っていたのは頼朝の命を受けた者たちではないみたいだし、黒密の不老不死の謎を解明しようと追っている組織もいるようです。弁慶も捕らえられているっぽい。
 次回で義経は黒密の仲間になってしまうのでしょうか? 弁慶は義経の元に戻れるの? 史実に合わせようとするならば吸血鬼になった後に平泉に行って、そこで討ち死にしたことにして実は生きてましたってコトになるのでしょうね。

次回 第2話「因縁塚」

TB先 http://kurorizu.blog39.fc2.com/tb.php/240-1e6817b6





★exciteにTBが飛ばない方はミラーブログを設置しておりますのでこちらもどうぞ。
たらればブログ別館→http://blog.livedoor.jp/justy04_1/
[PR]

by saigakuji_x20a | 2008-10-12 01:12 | アニメ | Comments(0)

<< 仮面ライダー キバ 第36話「... 黒執事 第2話「その執事、最強」 >>