コードギアス反逆のルルーシュR2 第9話「朱禁城 の 花嫁」   

2008年 06月 08日

 エリア11を脱出したゼロたち黒の騎士団と日本人は、中華連邦が提供した人工島にとりあえず落ち着くことになりました。インドも黒の騎士団に協力的でナイトメアの搬入も順調で、オペレーター3人娘も登場です。

 しかしブリタニアも中華連邦に対して何も考えていないワケではなく、ブリタニアの第一皇子と中華連邦の天子との政略結婚が決まってしまいました。成立すると天子は人質としてブリタニアに連れて行かれてしまい、事実上ブリタニアの傘下に入ることになってしまいます。
先手を打たれた黒の騎士団はピンチ!! 天子命の星刻は宦官の国を売り渡すに等しい政策に怒りは頂点に達しました!!
にほんブログ村 アニメブログへ   web拍手を送る




 初登場の第一皇子は本当に凡庸なのか? 政略結婚に事欠いて、何人妻がいるかは不明ですが天子との年の差は犯罪だろう!!

 この結婚の黒幕は第二皇子のシュナイゼルで、パーティーの同伴者にニーナを連れてきました。ニーナってメガネ美人だったんですね。メガネ有の方がカワイイと思ったのは私だけでしょうか?
 パーティにはロイドと婚約者のミレイ、ラウンズの3人なども来ていました。そこへ現れたのは招待された神楽耶とそれに同伴したゼロとカレン。
 シュナイゼルにチェスを申し込んだゼロですが、やっぱり詰めが甘くて勝てません。ゼロに不利な状況の勝負を壊したのはゼロの命を狙ったニーナでした。

 ユーフェミアを女神と崇めていたニーナはまるっきり壊れてますね。自分を気遣っているミレイに卑屈な考えから八つ当たりするし、ゼロを庇うスザクにも暴言だし、チェスに勝ちそうだったシュナイゼルに恥もかかせましたしね。でも一番正直なのかも?

 結婚式当日、式場に乱入したのは星刻でした。いつか天子と交わした“朱禁城の外に連れて行く”という約束を果たすために謀反を起こしたのです。でも天子を外に連れ出したのは、星刻が起こした騒ぎに便乗したゼロだった!!
 天子と約束をした時の回想シーンの天子がカワイイ!! 星刻も声のトーンが少し高くてイイ感じでした。

 ゼロは天子を利用はしても危ない目にはあわせないと思うんですけど、攫った時点で星刻の地雷を踏んでますからどうなるかな? 中華連邦をブリタニアと宦官政治から解放するには、星刻たち少数派では難しいと思うよね。天子を先に説得して、星刻を口説くとか?
星刻はゼロと対立する側になるのか、天子と共に協力する側になるのか? 次回が楽しみです。

 オレンジが復活!!!

 V.V.と組んで何を企んでいるのか。ギアスの契約しちゃったの???
 “また見てギアス”のオレンジのイラスト最高!! (^。^)

次回 第10話「神虎 輝く 刻」
[PR]

by saigakuji_x20a | 2008-06-08 22:48 | コードギアスR2【終】 | Comments(2)

Commented by at 2008-06-11 23:15 x
v.vはまだわかるけど、なぜかオレンジにゼロの招待がばれてたり。
Commented by saigakuji_x20a at 2008-06-12 22:33
あさん、はじめまして。
 スザクの時のようにV.V.が教えたのかも知れませんよ。

<< ソウルイーター 第10話「妖刀... 仮面ライダー キバ 第20話「... >>