純情ロマンチカ 第5話「会うは別れの始め」   

2008年 06月 03日

 エゴ組のお話です。アニメの弘樹って悩んでいる顔ばっかりですね。怒ってる顔って余りない気がします。野分を蹴った帰りの電車の中でも、暗い顔ばかり。弘樹ってもっと感情の起伏の激しいキャラでじゃなかったっけ?
 宮城教授がいよいよ出てきました!! でも教授の紹介部分はカットされてました!(不親切だな) 弘樹と教授の漫才が好きです。ホントはもっと弘樹の事を心配してる部分を出して欲しかった。
にほんブログ村 アニメブログへ   にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
  web拍手を送る




 アメリカに留学していた野分が帰国した日、弘樹は踵落としを弘樹に見舞って立ち去りました。野分が留学する事を自分に知らせていなかったことや、一度も連絡が無かったことなどが弘樹を不安にさせていたのです。
 野分に関することになると乙女全快な弘樹は、そんな自分が嫌になって原因の野分と別れれば楽になれると思ったのか黙って引越しをして携番も電話番号も変えて「別れる」とだけ書いた葉書を野分に送りました。
 納得できない野分は弘樹の大学に会いに行きますがロクに話もしてもらえないで部屋に閉じこもられてしまいます。扉の外から「いつものファミレスの前で待ってます」と伝えて去っていく野分。
 その後に部屋に戻って来た宮城教授の「マイスイ~トハニ~」発言で少なからず誤解をしたかもしれないゾ。

次回 第6話「禍転じて福となす」

 ED後、原作に無いロマ組のショートがありました。今回コレが一番オモシロかったです!!
 美咲が鈴木さんにうどんをブチまけて“うどんグマ”にしてしまいました。秋彦に謝る美咲はウッカリ「なんでもするから」と言ってしまい、そしてソレを有効に利用しない秋彦ではありません。

 美咲を鈴木さんの代わりに抱いて眠る秋彦は、美咲を中途半端に煽っておいて放置したまま眠ってしまった!! 抜き差しならぬ状態で放置された美咲は、トイレに行こうにも秋彦に抱えられていてベッドから出られなくて……。というコトが一週間続き、そろそろ鈴木さんのクリーニングが出来上がりを問い合わせれば更に一週間かかるという無情な答えが帰ってきた。美咲のピンチはまだまだ続く!!

 美咲も大変だったろうけど、秋彦も自分自身に我慢プレイをしていたんですかね?
[PR]

by saigakuji_x20a | 2008-06-03 17:27 | 純情ロマンチカ【終】

<< ソウルイーター 第9話「聖剣伝... コードギアス祭り >>