純情ロマンチカ 第4話「案ずるより生むが易し」   

2008年 05月 27日

 美咲が無意識にヤキモチを妬いてウサギさんを喜ばせた回でした。そして妙に美咲の作画にチカラが入っていたような気が…?
 アバンで美咲が読んでいた『純愛ロマンチカ』の表紙が実物と同じ! 中村春菊さんの絵だ~~~!!

 寝起き最悪の秋彦に過剰なスキンシップされていた場面に、秋彦担当の相川が乗り込んで来ました。あられもない場面を見られて落ち込む美咲に対して相川は全然気にしてません。
 相川は秋彦が家の鍵を渡している唯一の編集担当。そして美人で秋彦を理解していて、お似合いに見えちゃったものだから美咲の胸にはモヤモヤが…。ついでに角先輩の「何でもない女に鍵渡すわけねー…」って言葉もダメ押し?
にほんブログ村 アニメブログへ   にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
  web拍手を送る




 秋彦が仕事で出掛けている間に、相川から貰ったお酒の入ったチョコレートで酔っ払った美咲は、秋彦のシャツを抱いたままソファで居眠りをしてしまいます。起こしてくれたのは秋彦でしたが美咲がシャツを抱いて寝てる…なんてカワイイことをしていたので、折角我慢していた秋彦の理性もブチッ!! 美咲は秋彦に担がれてベッドに連れて行かれてしまいました。

「俺はおかしいんだ。アンタが触ると変になるんだ。相川さんだっていい人なのに、アンタと一緒にいるとムカムカするんだ。どうしてくれんだ、俺ムチャクチャ嫌なヤツになってるじゃんか。バカヤロー。チクショー。何で俺が…」
「それは、俺に恋をしているから」
「………………………………………………………………はい?」
「……………(秋彦は溜息)」

 そしてH中の勢いでとうとう美咲は認めてしまいました!!
「ウサギさん……………好き………かも………………………」
「当然だろ?」
 秋彦は自信満々。
この時は、そう思っていたの。

……もう5話になるというのに、未だに乙女な演出に慣れない。なんか私の中の「純情ロマンチカ」のイメージと違っていてですね、ブッチャケた話恥ずかしいんですよ!! 原作本を平気で立ち読みできる程の鋼の神経を持っていると自負している自分が何故? って感じです。

 毎回乙女演出に耐えられなくて、もがきながら観てます!! \(◎o◎)/!

次回 第5話「会うは別れの始め」

 エゴ組の感動話ですよね? 本格的に宮城教授がワキ役で出てきます。
[PR]

by saigakuji_x20a | 2008-05-27 16:18 | 純情ロマンチカ【終】 | Comments(2)

Commented by たちばなくみ at 2008-05-27 18:11 x
こんにちは。
リンクありがとうございます。

原作はこんなに乙女チックではないのですね。
原作未読でアニメを見ているので差がちょっと分かりませんが、ロマンチカは私も毎回もがきながら見ていますよ(笑)

宮城教授がメインになる話もあると聞いたのですが、そちらはアニメではやらないですかね?見てみたいですが、話数の関係もあるからムリかな。。。
Commented by saigakuji_x20a at 2008-05-28 01:50
 こんにちは、たちばなくみさん。

>宮城教授がメインになる話もあると聞いたのですが、そちらはアニメではやらないですかね?

 テロ組もOPに出てますから、当然アニメでやるものと確信しています。原作の順番通りなら、もう少し後になりそうですね。

 てか、井上和彦ファンとしては絶対にやって欲しいです!! 全24話なら、話数的にも大丈夫だと思いますよ。多分…(-_-;)

<< ソウルイーター 第8話「魔女メ... コードギアス反逆のルルーシュR... >>