PERSONA-trinity soul- 第21話「残刻」   

2008年 05月 25日

 結祈と叶鳴が拉致られて、楢崎が無気力症になってしまいました。叶鳴のペルソナがやったんだろうけど、楢崎もペルソナを持っていたんだ…。叶鳴の暗示が解けたのは一時的だったようです。“まゆり”も“叶鳴”も存在しない娘なのだそうです。暗示を解除するキーワードって何なんでしょう?

 結祈を囮にしていた事を知った慎は激昂して真田を殴ってしまいます。ボクシングの学生チャンピオンだったこともある真田ですが、敢えて慎の拳を受けました。
「お前の兄貴からも殴られた気分だ」
 勿論真田も辛い筈です。
にほんブログ村 アニメブログへ   web拍手を送る




 洵を囮にしたのは、複合ペルソナを沈める力を持った洵のペルソナを稀人が薬代わりに求めていることを知った洵が慎にも内緒で真田に申し出たからでした。だから楢崎は洵を見張っていたんですね。

 精神の混沌は“帰還者”に留まらず一般人にも広まっていっているようです。めぐみは、洵もそうだったのではなかったのかと思い始めていました。慎が女の子の服を持っていたのと、集まった時の洵の言動から女の子(結祈)だったんじゃないかと気付いたのかも。慎は、外見は男の子の結祈に女の子の服を着せる気でいたのでしょうか? それって端から見たら唯の女装じゃ……?

慎は柊社長から両親が昔していたことを聞きます。そして10年前、小松原は唯洵の命を救ってくれたのではなく、実験台にしていたことを知るのでした。他に、稀人たちは小松原(九条)が集めた施設の子供たちだったことも分かりました。

 稀人に囚われた結祈。「今はペルソナを出せない」と言っても相手に通じる訳もなくカプセルに入れられて強制的に出現させられようとしますがやっぱり出ない。焦る壮太郎。
限界が近い壮太郎に、慎のペルソナに切り離して貰うことを提案する有働。小松原(九条)を信じるしかなかった沙季たちは、壮太郎に見せられたアヤネの器に愕然とするのでした。
自分達の複合ペルソナはアヤネの為に用意されたに過ぎなかったのか? 全てアヤネに持って行かれて空ッポにされてしまうのか? 逆上した壮太郎のペルソナはアヤネの器に切りかかりました。
 暴走した椎葉を始末したのは覚醒した小松原(九条)。その魔の手はアヤネの器を破壊しようとする壮太郎に伸びていくかも!?
叶鳴の覚醒は不完全で、いつものキャラなまま洵(結祈)を助けようと必死でした。

次回 第22話「依り代」
 いよいよ叶鳴が覚醒!?
[PR]

by saigakuji_x20a | 2008-05-25 01:10 | PERSONA 【終】

<< 仮面ライダー キバ 第18話「... マクロスFRONTIER #0... >>