×××HOLiC◆継 第3話「朋分 ハンブン」   

2008年 05月 09日

「片方が全てを引き受けるなんて無理。でなきゃ世界は傾きすぎて壊れてしまう」

 四月一日の右目を取り戻しに行き囚われてしまった座敷童女を助けに行った四月一日。管狐の狐火で結界は破ったものの邪気が強くて四月一日は意識を保つので精一杯。そんなで座敷童女は助けられるの?
にほんブログ村 アニメブログへ   web拍手を送る




 女郎蜘蛛に、自分と引き替えに座敷童女を返して欲しいと頼む四月一日。
「他者が傷つくのは厭うのに自分は傷つける。傷ついた貴方をみて、貴方を大切に思うモノがどう傷つくかも理解らない。あたしそういうのって、嫌い。というワケで、貴方の提案は却下よ」
 四月一日は意識を保つ為に握り締めていたガラス片を女郎蜘蛛に突きつけ、座敷童女を返してくれるように要求します 狐火で蜘蛛の糸を切り座敷童女を助ける四月一日。
「いいわ、座敷童女は返してあげる。でもこれは貰うわ」
 女郎蜘蛛は四月一日の右目を飲み込んでしまったのでした。狐火に包まれる前に女郎蜘蛛は「またね」と姿を消します。

邪気にアテられて気を失った四月一日は座敷童女の住む山の清流で清められ意識を取り戻します。
「ごめんなさい、何も出来なくて…右目が…」
「違うよ。おれこそ…本当にごめんね」
 店に戻った四月一日。女郎蜘蛛の中に溶けてしまった右目はもう戻らないと聞かされます。
「右目は無くなったけど、分かった事がありますから」
侑子から百目鬼の右目の半分(の視力)を差し出されます。
「貴方の右目が戻らなかったら、渡して欲しいと言われたの。…どうする?」
受け取った四月一日がそれを飲み込むと視力が戻りました。

 原作と違うところは、座敷童女を心配していたのは鴉天狗たちだけではなく、雨童女もだったところ。侑子の店でイライラとしていて、無事に助け出されたと分かっても我慢してる。
「あの娘が一人でやるって言ったから、私は手伝わないって言ったから。すべてが終わるまで待ってるの」
「迷惑をかけたくないから一人で行く。気持ちが分かるから我慢して待ってる。二人とも辛いわね」
「平気」

 雨童女、原作では登場が少ないけどアニメではチョット大めで嬉しいです。すっかり座敷童女とセットですよね。

次回 第4話「夢買 ユメカイ」
[PR]

by saigakuji_x20a | 2008-05-09 16:56 | ×××HOLiC【終】 | Comments(1)

Commented by 小次郎(視力回復訓練中) at 2009-06-27 15:35 x
こんにちは、こじろうです
これは妖怪が主人公の話ですか?
座敷わらしとか出てくるし。
四月一日って変わった名前ですね
目を取り戻すってどういうことかな
と思いました

<< マクロスFRONTIER #0... ソウルイーター 第5話「魂のか... >>