×××HOLiC◆継 第2話「左眸 ヒダリメ」   

2008年 05月 02日

 前回からの続きです。

 自宅の蔵で探し物をしている百目鬼のところに四月一日は店での「残り物」で作った弁当を届けます。
「四月一日様が弁当をめぐんでやろう! 拝め! 感謝のおどりを踊れ!!」(←ルルーシュが入ってる)
四月一日に構わず、コロッケは無いのか? と文句を言いながらも完食する百目鬼。
百目鬼を手伝うことにした四月一日は屋根裏に隠してあった本を偶然見つけます。それは正しく百目鬼が探していた、蜘蛛から目を取り返す方法が書いてある本でした。途中まで読んだところで、ひまわりちゃんの本からアヤカシが出てきて呪いを解く方法が書いてある本に襲いかかります。
にほんブログ村 アニメブログへ   web拍手を送る




  四月一日たちではどうすることも出来なくていたところに侑子さんが登場。蔵の四隅に張ってある魔除けのお札を対価にアヤカシを祓ってもらいました。
「これはね、『本の虫』。本の中に住んでてね、貴重だったり価値がある文字が大好物なの。」
 百目鬼の祖父が書いたお札に飛びつき身動きが出来なくなってしまった『本の虫』でした。そして侑子さんはひまわりちゃんの本を手に取り、また気になる事を言います。
「この本、誰の? ……そう、ひまわりちゃんの」

 結局とも夜は酒盛りになり、朝まで飲むハメになってしまいました。お店のご飯が実は「英国式アフターヌーンティー」だったことが百目鬼にバレちゃうし、百目鬼の要望でコロッケを作ることになっちゃったりと相変わらず散々な四月一日でした。
 翌日、学校でひまわりちゃんに本がダメになったことを正直に話すと笑って許してくれました。
店に行く途中、今度は「猫娘」に出会います。猫娘は四月一日の右目がアヤカシの間で取り合いになっていることを教えてくれました。それを侑子さんに話すと、
「急がないと、あなたの右目は二度と戻って来ないわ」

ひまわりちゃんと一緒に下校することになった四月一日。交差点でひまわりちゃんと別れた直後に交通事故に遭遇します。驚く四月一日にたたみかけるように今度は鴉天狗が現れ、店に連れて行くように命令するのでした。

 四月一日の右目を取り返しに言った座敷童が捕まった。結界のせいでで鴉天狗たちは助けに行けないから、結界を破る為の力を貸して欲しいと天狗の扇を対価に侑子さんに依頼します。
 管狐と四月一日を助けに行かせる侑子さん。モコナが「モコナは行かなくていいのか?」と聞くと意味深に
「四月一日が、分からなければならないことだから」
とだけ話す侑子さんでした。

 次回 第3話「朋分 ハンブン」
[PR]

by saigakuji_x20a | 2008-05-02 01:58 | ×××HOLiC【終】 | Comments(0)

<< マクロスFRONTIER #0... 観逃しちゃったー! (@_@。 >>