マクロスFRONTIER #04「ミス・マクロス」   

2008年 04月 26日

 今回は今までに比べると戦闘シーンが少なくて人間関係重視回なせいか、緊張感から少し解放された感じでした。

 ランカがミス・マクロスの一次審査に通過した一方でアルトはSMSの入隊訓練でミハエルにしごかれていました。シミュレーションのレベルを高くされているのも知らないでヘバってます。寝ているウチに化粧されちゃっても気付かない。(さすが姫! キレイでした&姫は肌もキレイ♡)
「イジられるのも新人の役目だ」ってミハエルは言うけど、じゃあミハエルも?
学校でも居眠りしちゃって先生に起こされているアルトがカワイイ♡
にほんブログ村 アニメブログへ   web拍手を送る




 ランカがミス・マクロスコンテストに出ることを知らないオズマは、ミス・マクロスコンテストに出場する女性たちをメチャクチャ貶してました。(オッサンや!)アルトに届いたコンテストへの招待メールを、オズマに見られないように気を使うミハエルたちがオカシイよ!(^^)

 本選の日、ランカが控え室に入ると回りはナイスバデーなお姉ちゃんばっかり。みんなギラギラしていてランカは場違いな気分になってしまいます。隅っこで小さくなっていると、通りかかったシェリルに
「ここは夢の入り口。私を追いかけたかったなら駆け上がってくるのね!」
と激励されました。

 コンテストの本選の日は生憎とアルトの最終訓練の日と重なっていました。でも知らされていないアルトは非番だということで会場に向かいました。うっかり父親とニアミスしてしまい反発心再燃! でもいちいち「藤娘」を思い浮かべるのはヤメテ。女形といえば「藤娘」なの?
ランカが登場する直前にアルトは呼び出されて訓練へ。ランカはアルトが席に居ないことでガッカリしちゃうのでした。

 ランカが歌ったのは“古の歌”といわれている(?)リン・ミンメイの「私の彼はパイロット」でした。ランカは歌い出すと大人っぽいですね。リン・ミンメイ@飯島真理より大人っぽい感じの「私の彼はパイロット」でした。

キューン・キューン、キューン・キューン 私の彼はパイロット~~
キラリ光って急降下 GOとふかして急上昇  長く尾を引く飛行機雲で~~♪


 こんな歌詞でしたっけ?

 ランカの「私の彼はパイロット」をBGMにしての模擬戦が上手く合っていて、初代マクロスっぽかったです。
 ゼントラーディの古戦場だったらしい模擬戦宙域にヴァジュラが現れます。アルトは模擬弾しか搭載していないのにヴァジュラに立ち向かおうとしますが、それを止めたのは模擬戦の相手をしていたクラン。でもそのクランも苦戦します。アルトは宙域に浮遊していた昔のゼントラーディの武器を使い、ヴァジュラ殲滅に成功したのでした。
 オズマはアルトが古い武器を使ったことで小言をいいますが、クランはゼントラーディの武器は何年経とうと間違いないと言い切ります。

 アルトは無事にSMS入隊を認められましたが、ランカはミス・マクロスにはなれませんでした。「どーせ私なんか」という台詞が復活。娘娘でのアルト歓迎パーティ(?)の団体名義が「SMS運輸」だったのに笑いました。そしてマイクローン化したクランがロリなのにも萌え! 「ああっ女神様っ」のちっちゃいヒルデを思い出しました。ミハエルとじゃれてるのもカワイイ♡

 歓迎会の次の日、登校途中のアルトに足をかけて転ばせたのはシェリルでした。シェリルに会って嫌そうに「ゲェッ」なんて言うのは銀河広しといえどアルトだけに違いありません。

次回 #05「スター・デイト」
[PR]

by saigakuji_x20a | 2008-04-26 16:13 | マクロスF【終】 | Comments(2)

Commented by pontanomimi at 2008-04-26 18:10
観ましたよー!
公式で「姫」なんですね~アルトは♪
あのいちいち藤娘は反発してるけど~ってことなんでしょうねぇ。
マイクローン・クラン・・・やはり萌えましたか。
「キュ~ンキュ~ン♪」は古の伝説の歌になってるんですね、デカルチャー!
Commented by saigakuji_x20a at 2008-04-28 00:04
>公式で「姫」なんですね~アルトは♪
 あれだけ美人さんですから、やっぱりアルトは「姫」でしょうね! アルトの藤娘だったら観たいです。OPの艶姿は本編での披露はないのでしょうか?

>「キュ~ンキュ~ン♪」は古の伝説の歌になってるんですね
 50年経つと古の歌なのか…。どっちかというと「愛・おぼえていますか」の方が古の歌だと思うんですが。

<< PERSONA-trinity... 「劇場版 CLANNAD-クラ... >>