コードギアス反逆のルルーシュR2 第1話「魔人の目覚める日」   

2008年 04月 06日

 一年ぶりにルルーシュが、ゼロが、C.Cが帰ってきました!

 待ちに待ってた「コードギアス反逆のルルーシュR2」が始まりました。OPもEDもオレンジレンジ。EDはCLAMPの美麗イラストです。

OPアニメ。ブリタニア国王もギアスが使えることが判明。V.Vの方のギアスか? ナナリーは居なくなってなんかない。じゃあロロの存在は何?
web拍手を送る




 ゼロの反乱から一年近く経ったエリア11。以前にも増してブリタニアの圧制が続いていました。 ルルーシュはアッシュフォード学園で普通の学生として暮らしています。自分がゼロであったことはおろか、ブリタニアの王子だったことも忘れている様子。治安が悪くなったら本国に帰ろうか…なんて考えるなんてありえない。生徒会のみんなも、ルルーシュのことを忘れていたはずのシャーリーが普通にルルーシュと話しているのも不思議。
 でも皆の会話の中にカレンは居ない。カレンの存在はキレイに消されているようです。

 相変わらずなのはチェス…また賭けでもやっているのか? ロロに「お金が必要なわけじゃないのに」と突っ込まれますが、ルルーシュたちの経済状態は良好です。
 学校をサボってカジノへ行ったルルーシュたち。そこにはバニーガールの格好をしたカレンがいました。ルルーシュに発信機のようなものを取り付けようとして失敗。“黒の王”に兎狩りされそうになカレンたちですが、“大人”のやり方が気に入らないルルーシュはチェスの勝負を持ちかけます。
 勝負はルルーシュが勝ちましたが、当然相手はそれを認める筈もなくイカサマをでっち上げようととたところに、黒の騎士団がテロを起こします。

 パニックの中、カレンはルルーシュの手を引いて連れ出そうとしますが、それをロロが阻止。今度はロロがルルーシュの手を引いて逃げます。そこへ黒の騎士団のナイトメアが現れルルーシュに手を差し伸べる。でもルルーシュにはそれがどういう意味か分かりません。

 逃げ続ける中ついにはロロともはぐれてしまうルルーシュ。それでもロロを守るためにと、ロロを探すルルーシュの前に現れたのはC.Cでした。そしてタイミングよく現れたブリタニアの公爵サマ(CV大川透!)。王からルルーシュをエサにしてC.Cをおびき寄せ、始末するように命じられたのだという。
 心臓を打ち抜かれて倒れたC.C、視聴者はそんなものでC.Cが死ぬわけないと知っているので安心して観ていますがルルーシュはそうではありません。

 追い詰められたルルーシュとC.C。目覚めたC.Cがルルーシュにキスをし、記憶の封印を解き放ちます。ギアスで公爵たちに死を命じるルルーシュ。公爵は自害、部下たちは互いに撃ち合うというカタチです。

 ゼロとして目覚めたルルーシュ。ギアスは制御出来ない状態が継続しているらしい。
 ルルーシュたちの記憶が操作されたいきさつは来週? それにしても規模が大き過ぎるけど、V.Vが関わっているとか?

 それにしても相変わらずのクオリティの高さですね。待ってた甲斐があったというものです。これから中華連合やスザクたちがどう関わって、謎が解けるのかどうかは心配。スザクはゼロを倒すのは自分と決めているので、ゼロとスザクの対決も楽しみです。
[PR]

by saigakuji_x20a | 2008-04-06 18:48 | コードギアスR2【終】

<< ソウルイーター 第1話「魂の共... 仮面ライダー キバ 第11話「... >>