俗・さよなら絶望先生 8話   

2008年 03月 01日

 今回はフツーのOPでした。やっぱり毎回OPに趣向を凝らすってワケにはいかないのでしょうね。でも時々観ると、こんなOPだっけ? とか思うので結構新鮮かもです。

【スパイナツプリン】
 望が交や生徒たちの引率(?)としてプールにやってきました。可符香に頼まれて写真を撮ろうとしたら、見知らぬ女性に「盗撮!!!」の疑いをかけられて連行されてしまいます。
 いるよね~、こういう自意識過剰な女子って。でも交たちも逃げないでよ~~ (-_-;)
 疑いが晴れて放免それた望ですが 「最近、どこへ行ってもスパイのような扱いを受ける」 とご立腹。

 ラーメン店に行ってスープの出汁のことを聞いても、家電量販店で価格をメモっても(←コレはマズイんじゃあ…)スパイ扱いされてしまう。挙句に望は覚えのない、国交のない某国のスパイの疑いをかけられ、いつのまにかコードネームまでつけられていた! 更に自暴自棄になって自分が持っている機密を暴露してしまおうかと思い立てば二重スパイの疑いをかけられてしまう。
 いっそニセ情報を流して防衛すればって、それは単なるでっち上げだし。
web拍手を送る




【暴露の実の熟する時】
 五月になると暖かさに気が緩んで、隠してきた事がバレてしまう…というのが五月バレ。
 四月に作ったキャラの無理が出て五月に本性が現れるという。
 五月になると晴美の運動神経の良さがバレてしまい、運動部からの勧誘が厳しくなったりとか。でもこれって五月になるとバレるというより、五月になると思い出すんじゃないの? 千里は警察に連れて行かれちゃった。一体何を埋めたんだ!?

 自分からバラせば世間は比較的寛容だという可符香。その流れに乗って次々とバラしていく皆。望のボランティア活動がニクイ!

【半分捕物帳】
 五月から秋の彼岸へひとっ飛び!! 季節感全く無視っスね。
 秋分の日に対する望の見解から始まる…。

今日は昼と夜の長さが全く一緒なんですよ。昼と夜が半々、半々…? 世の中半々だった例しがない。「半信半疑」って言うじゃないですか、アレってどう考えても半々じゃないですよ。“疑”が八割ですよ。半信半疑って思った時点で、疑の方が上回ってますよ。疑ってるんだから半信半疑なワケがない!! 世の中、半々なんて言ってるものの殆ど半分でなくどちらかに大きく偏っているのです。半強制的は強制的ですよ。半ギレは大抵キレてますよ。半魚人は完全に魚人ですよ。半密閉湯沸し機は完全に密閉だったから事故が起こったんです。絶望した、半々と言いつつ、フィフティ・フィフティでない社会に絶望した!!

 これを聞いた千里が「キッチリ半々に分ける」と大暴走!! 正確な半袖にしたり(←邪魔だ!!) 正確な半泣きを強要したり…。因みに千里の半身浴は縦にキッチリ分けた半身浴だそーだ。
 オチも「半オチ」ならキッチリと半分落と……せなくて爆破オチ!!

 アレ? 望にご飯を作ってくれていた女子大生って……。

今週のエンドカードは竹本泉先生でした! かわい~~~。(^。^)
[PR]

by saigakuji_x20a | 2008-03-01 16:11 | さよなら絶望先生【終】

<< 機動戦士ガンダムOO 第21話... シゴフミ 第8話「ハジマリ」 >>