PERSONA-trinity soul- 第8話「クスノキの下で」   

2008年 02月 24日

 “マレビト”がいよいよ動き出してきました。目的は一体何なのか? 別に慎や洵が目的じゃないみたいだけど…。
 今回の諒兄ちゃんの出番は冒頭に少しだけで盛り足りないで~す! 洵が諒に何かを聞きかけて途中で止めてしまいました。何を聞きたかったの? ペルソナのこと? 風船のこと?

 慎たちが通っている学校に山咲まゆりが転校してきました。守本とは昔馴染みのようだけど、なんか様子が変です。養護施設時代の知り合いらしいけど?
 まゆりが来てから学校では変事が続きます。椅子にサボテンが刺さっていたり、いろいろな物が捻れていたり。やがて学校内にまゆりを不審に思う噂が広まっていきます。
web拍手を送る




 意外にも幽霊が嫌いな慎。洵に見解を求めると
「働き者の小人サン」
と答えてくれちゃうし、 「自縛霊って言っても爆発するんじゃないんだよ?」 (笑)なーんて慰められちゃうし 「ペルソナは大丈夫なのに」 ってまで言われちゃったよ。
 まゆりの為に真実を突き止めようと、守本といつものメンバーたちは夜の学校に忍び込もうとします。慎は「お守り」を持って学校に向かいます。学校で待っていたのは洵。
「警備員さんに事情を話して、セキュリティを切ってもらったから」
なんて気の効く弟なんでしょう!! てか、慎たちの段取りが悪いだけか!

 校内に入ると人影が!! 情けなくも超ビビる卓郎と、卓郎に巻き込まれて足止めされるめぐみ。
そこで洵は
「楽しそうだね、あの二人」って違うだろう、洵~~~(――;) ?
異変は続いて蛍光灯が奇妙に捻れたりして正にポルターガイスト現象!! 思わず逃げ出す慎と守本ですが洵とはぐれてしまいます。
 慎が探している時に洵ときたら、クスノキの下で“自縛霊”と向き合っていました。
「探している人が居るんだ。僕はこういう事しか、してあげられない」
 ペルソナを出して、何をしたの洵?? お祓い???

 マレビトの一員らしいまゆりは瀬能に“サキ”と呼ばれていましたね。コードネームなのかな? それとも“まゆり”とは別人だとか?
 まゆりは誰を探しているのか? まゆりは「見つけたかも知れない」って言ってたけど、もしかして洵のこと!?

 「コクハクの木」と呼ばれているクスノキの下へ守本に呼び出された慎。何か願い事があったらしいけど? 守本はクスノキが「コクハクの木」だとは知らないっぽいんですけど! 結構フシギちゃんだよね~。

 う~ん、結局は洵にオイシイところを持って行かれたお話ってコトでしょうか?

次回 9話「海からの呼び声」
[PR]

by saigakuji_x20a | 2008-02-24 01:35 | PERSONA 【終】 | Comments(0)

<< 仮面ライダー キバ 第5話「二... 機動戦士ガンダムOO 第20話... >>