PERSONA-trinity soul- 第7話「私という他者」   

2008年 02月 17日

 恵もペルソナを持ってましたね。でも子供の頃に何かあったみたいで、異様にペルソナを出すことを恐れているようです。

 前回のおかげか諒の慎に対する態度が少し軟化したみたい。 “合コンツアー”(汗)に参加する慎たちに
「気をつけて行って来い」
ですって!! 新聞を読みながらっていうところが照れ隠しですよね。(^.^)
web拍手を送る




 一日署長のご褒美に宿泊券をプレゼントされた守本と茅野。6名までの招待ということで2人の他に慎と洵と榊原と戌井? と思っていたら戌井は自腹。じゃあ誰なのかと思いきや茅野の先輩で、ペルソナを剥がされかけて病院に入院していた田坂先輩でした。

 茅野と田坂が以前に訪れたことのある海辺の民宿(?)に泊まる7人。茅野は田坂が自殺をするんじゃないかといつも気を配っています。「もう大丈夫」という田坂ですが…?

 夜中に部屋を抜け出す榊原を慎と洵が追いかけて行くと榊原は浜辺でペルソナを使って戦う練習をしていました。でもなんかスジが悪そう。
 榊原も少しは考えていて、今度また「髪の毛ペッタリ野郎(笑)」に襲われたら戦う為に練習しているのだとか。茅野は「今度また何かあったら警察に…」と懸命に止めようとしますが、慎は「多分、警察はアテにならない」と告げます。
 そんな中に田坂が居なくなり、咄嗟に灯台に向かう茅野。灯台から身を乗り出す田坂を榊原はペルソナで助けようとしますが上手く使えなくて振り回されます。落ちる田坂を助けたのは茅野のペルソナでした。
「傷ついてる、心が壊れた」
洵には何が見えたの?

 慎には田坂を誘っているかのような赤い服の少女が見えてペルソナを出しますが、少女の動きに全くついて行けません。羽根のようなものを残し消える少女。

 一方、10年前の連続失踪事件を調べていた諒たちは目撃者の証言に不可解な共通点を見つけます。
「羽根のようなものを見た」
 それは正しく田坂の元にも舞い降りていました。そして以前には慎の元にも…。慎も狙われちゃうの?

次回「クスノキの下で」
[PR]

by saigakuji_x20a | 2008-02-17 01:37 | PERSONA 【終】

<< 仮面ライダー キバ 第4話「夢... 機動戦士ガンダムOO 第19話「絆」 >>