PERSONA-trinity soul- 第4話「くじらのはね」   

2008年 01月 27日

 慎は刑事に頼まれた名簿をコピーするかどうか迷っていました。
 洵は物置小屋から家族のアルバム(激カワ!!)や慎の答案用紙などの昔懐かしい物を発見し、その中には両親の最後の本「くじらのはね」も見つけます。
 洵は昔のように兄弟仲良くなりたいと望んでいるのに、諒は慎と洵に冷たい態度をとり、二人を町から出て行かせようとします。冷たい兄の態度に反発し、名簿のコピーを刑事に渡そうとしますが洵が居なくなっていることに気付き探しますが、なかなか見つかりません。
 諒の携帯に洵の不在を連絡すると、急いで駆けつけてくれた諒に「どうして来てくれたの」と問う慎。
「長男の務めは果すと言っただろう」と飽くまで突き放す諒ですが、発見した洵に真っ先に駆け寄ったのは諒でした。
 そんな兄の態度をどう感じたのか、慎は刑事に「名簿は見つかりませんでした」と嘘をついたのでした。
web拍手を送る




 洵が“兄弟仲良く暮らしたい“と切実に願っているのが切ないお話でした。
昔、母がユキに話していた”くじらのはね“の話を思い出して海に向かう洵と、そのことに気付いて海へ向かう諒と慎。慎は洵が東京でイジメにあっていた事や「くじらのはね」を見つけたこと等を諒に話し、なんとか説得を試みます。

「くじらのはね。お父さんとお母さんはそう呼んでる。海で拾った幸せのお守り。大事な願いごとがある時にこれを海に返して。そしてお祈りするの。いい?」

 洵は願いを込めて“はね”を海に返します。そこへ駆けつけた慎と諒が見たものはユキの姿と、水面に映ったペルソナでした。ユキは、

「諒お兄ちゃんの声だけ聞こえない。でも…」

 かすかに微笑んで消えるユキ。意識を失い倒れた洵に真っ先に駆け寄る諒の態度は単なる「長男の務め」だけじゃないよね。弟思いなお兄ちゃんです。(←兄弟萌え(>_<))
 でも洵がペルソナがを持っている事を知ってしまった諒はこの後どうするのかな? 他の人のように隔離するの? 洵のペルソナのレベルはやっぱり慎みたいに特Aクラスか? 慎はどうするの? 次回が楽しみです。

次回 「強いられた結合」
 慎が“マレビト”とかと遭遇して、ペルソナを結合させられちゃうとかですか?
[PR]

by saigakuji_x20a | 2008-01-27 02:12 | PERSONA 【終】

<< 仮面ライダー キバ 第一話「運... 機動戦士ガンダムOO 第16話... >>