機動戦士ガンダムOO 第12話「教義の果てに」   

2007年 12月 23日

 やっぱり今回はコレでしょう!!

「敢えて言わせて貰おう、グラハム・エーカーであると!!」

 やっぱりこのオトコは最高ですねっ!! 大好きさっ!
 久しぶりにガマンの足りない乙女座の男が活躍です! 迷言連発!! 彼の心を奪ったガンダムのうちの一機にようやく遭遇してテンションMAXでしたね!! ただ別にエクシアに拘ってたんじゃなかったらしいのが私としては残念といえば残念ですが、 「このしつこさ、尋常じゃねぇぞ」とロックオンに言わせちゃうくらいガンダムにメロメロなようです。 変形の際のGにも耐えて「人呼んで、グラハム・スペシャル!!」とか叫んでましたが、誰も呼んでないんじゃあ…… (-_-;)
それにしても「身持ちが堅いな、ガンダム!」って、それじゃあ君のフラッグはどうなのよ~ん?
web拍手を送る




 刹那が主役担当の話が始まりました。それでもあんま目立ってない気がしますが… (――;)
「俺は、ガンダムになれない…」って、どゆこと?
 アザディスタンで超保守派の重鎮が拉致され内戦の気配が漂い始めます。拉致犯は改革派だとみられましたがサーシェフが絡んでいましたね。彼らは傭兵でしょうから、誰かが依頼をしないと動かないでしょう。 彼らを裏で動かしているのは果たしてどこの国なのか?
 どこが何を狙っているのか分からないけど、私的には今回グラハムとサーシェフが出てきて嬉しいです。

 保守派のデモとか主張はなん現実世界のイラクを彷彿とさせます。自分達の宗派や部族とかの利益ばっかり主張しているから国が貧乏なんじゃないのか? 宗教が国や人々の生活を守ってくれるのか? と問いたくなります。

 ここのところ毎回思うのですが、沙慈とルイスの場面は何の意味があるの? 殺伐とした内容に癒しのエッセンスを加えようとしているのでしょうが、私はイラッとしてます。てか、沙慈とルイスってガンダム00の物語とどう関わってくるのか全然検討がつきません。OPに出てるくらいだから重要人物なんだろうけど……重要なんですよね?

 今回で1クール終わりです。次回からOPは“ブリグリ”かぁ。 この時間帯としては初登場ですね。私個人的にはあんまり………ですが。あんまり期待しないでおこうっと。

 次回は新年1月5日で、第13話「聖者の帰還」です。

Web拍手のお礼
         12/17  1時様、21時様、22時様
         12/18  23時様
         12/19  0時様
         12/20  0時様、1時様
         12/21  3時様
         12/22  0時様、3時様   ありがとうございました!!
[PR]

by saigakuji_x20a | 2007-12-23 02:15 | ガンダム00 【終】 | Comments(2)

Commented by めたりか at 2007-12-24 19:20 x
ロックオンもいらつかせたグラハム・スペシャルは、ちょっと見直したね。ちなみにアリー・アル・サーシェスというんですが、PMCトラスト製のモビルスーツってことだけど、結構つよい武器ありますね。ミサイルすごかったですもん。ロックオンでも打ち落とせないミサイルをとばしよるんですし・・
質問なんやけどマス・ドラフマヒ(ラサ)とマスード・ラフマディーは、同一人物???
Commented by saigakuji at 2007-12-25 00:16 x
始めまして、めたりかさん。サーシェスはグラハムとは違った意味で強いですよね。きっとどちらもマイスターたちをイラつかせることになると思います。
ご質問の件ですが、ゴメンナサイ。同一人物かどうか分からないです。なんかキャラが多過ぎて覚えきれなくて…。
もしよろしければ、これからも覗いて見て下さい。

<< 仮面ライダー電王 46話「今明... 超時空要塞マクロス(2) >>