ウイッチブレイド DVD 感想(3)   

2007年 11月 10日

 最終話まで観ました。すんげー中途半端な終り方!!! 続きって何かのメディアに無いの??? 販売用には有って、レンタル版には無いとか?

なーんだ、ハッピーエンドにはならなかったのか。雅音はウイッチブレイドやアイウェポンや東京タワーと共に塵と化してしまったのねー。そう解釈して良いのでしょう?
一応雅音の望み通りにリコが装着しなくて良かったワケだけど、でも私的にはご都合主義だろうが何だろうが、「奇跡」ってヤツが起きて雅音が助かって鷹山とリコの三人で不器用ながらも幸せになって欲しかったなぁ。だってウイッチブレイドってまだまだ未知数な能力があるのでしょう? だったら、いくらでも理由をつけて雅音を助ける方法があったと思うの。
web拍手を送る




 結局この作品のテーマは「母親」だったのか。ファザーといい、マリアといい、最後は「お母さん」だったり「ママ」だったり。でも全然活かされてなかったけどねー。マリアにレディの幻が見えたのはどういう意味だったのか? 楓は何の為のキャラだったのか? マリアに疑問を投げかけるだけ? でもサクッと殺されちゃっただけで意味無いじゃん。そもそもマリアってキャラが何の為に出てきたのか分からない。必要だったんですか? バージョンアップ版のクローンブレイドって変身後の姿が全然キレイじゃないし。

 ラストで鷹山が突然リコに対して「父親」になっていた。ビックリだった。瀬川に「変わりましたね」とは指摘されてたけど「実感が無い」とか言っていたクセにちゃんと「父親」していた。それに対して、雅音に対する気持ちは何だったの? ちゃんと「好き」だったのかどうか画面の中だけでは分からなかったよ。見方によっては単なる仲間意識とも取れるしさ。
一回“寝た”くらいじゃ分からないわよねー。同情とか魔が刺したとかだったら…。それとも鷹山さんはお堅い人って設定なのかな? それに一方の雅音の気持ちもどうだったんだろう。そりゃ勿論一番はリコだけど、最後にチョットでも鷹山やビルの住人を思い出して欲しかった。

 その後ってのも見たかったな。二つの組織がどうなったのか、斗沢はあのままなのか、ビルはやっぱり取り壊しになったのかどうなのか。やっぱ一番見たいのは鷹山とリコの暮らしです。同居するのか、別々に暮らすのか、それさえも予想がつかないわー。(>_<) でも良いパパになりそうだよね。
[PR]

by saigakuji_x20a | 2007-11-10 01:42 | アニメ | Comments(0)

<< 機動戦士ガンダムOO 第6話「... 新・サイボーグ009、サイボー... >>