ウイッチブレイド DVD 感想   

2007年 11月 05日

 今日から「ウイッチブレイド」のDVDを観始めました。「戦闘妖精 雪風」と同じGONZOの作品なので期待度 特大です!! 設定もおもしろそうだし。

 し~か~し~……なんか、期待ハズレ?
「BLOOD +」のバッタもんって感じなんですケド~ (――;)
戦うシーンに迫力も緊迫感もスピードもグロテスクさも何も感じないです。主人公は巨乳だけど、特別にお色気路線(死語)ってワケでもないし?
未だ7話ですが今のところ、自社の失策で蒔いた種の後始末をさせているだけなのでは? 局長って横暴っていうか、“ウイッチブレイドは自社のモノだから、装着者のオマエも我が社のモノだ”なんて屁理屈で言う事聞かせようとするなんて、反発した雅音が変身して自分を殺すとかって危険性は考えてないのか? クローンブレイド装着者との戦いは全力じゃないしさー。ナニ手抜きしてんのぉ?って感じ。
雅音が記憶喪失なのは今後なにかに影響してくるのか? だったら少しはオモシロイかもねー。
[PR]

by saigakuji_x20a | 2007-11-05 00:08 | アニメ | Comments(0)

<< ウイッチブレイド DVD 感想(2) 機動戦士ガンダムOO 第5話「... >>