劇場版「蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH」のDVDを観ました   

2011年 09月 26日

 ようやく念願の劇場版「蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH」のDVDを観ました。ブルーレイ版も同時購入しましたが、先ずは自室で観られるDVDで鑑賞しまての簡単感想です。

 いや、なんか、もう…号泣でした。が、一度観ただけじゃ駄目です、何回も観なくちゃ理解出来ませんって!!
にほんブログ村 アニメブログへ   web拍手を送る



 でも1回観ただけで分るのは、
おかえり、総士!!
 ってコトです。そして、さようなら、乙姫ちゃん。ありがとう、茜@ミール。
 甲洋や西尾姉弟が生きているのかが心配ですが、一騎の目が見えるようになって良かった! 大人たちの病が抑えられて良かった!

 今回の戦いでは痛みと悲しみを知ったフェストゥムまでもが可哀想で、憎いのは核を使う人類軍だけ…みたいになりました。冒頭の操@フェストゥムが身を犠牲にして総士を守ってくれたこと、ラストでの核の楯となり島を守ってくれたこと。涙無しには観ていられませんでした。(劇場に見に行かなくて良かったかも)

 それにしても、一騎の目の具合は悪いのに、一騎以上に深刻だった咲良がまたファフナーに乗れるまでに回復しているとは思わなかった。剣司は皆の世話ばかり焼いてるし、カノンはストレートヘアーになってるし! 2年って凄いねー! 変わらないのは遠見だけ?

 どんなメディアでも良いから、ファフナーのシリーズが続けばなぁと思います。





★exciteにTBが飛ばない方はミラーブログを設置しておりますのでこちらもどうぞ。
たらればブログ別館→http://blog.livedoor.jp/justy04_1/
[PR]

by saigakuji_x20a | 2011-09-26 17:18 | アニメ | Comments(0)

<< 六神合体ゴッドマーズの洗脳シーン ぬらりひょんの孫~千年魔京~ ... >>