仮面ライダーOOO(オーズ) 第14話「プライドと手術と秘密」   

2010年 12月 12日

 ストレス爆発のアンクが離れてしまった信吾の体は重篤な状態で比奈はオロオロ。一方では院長が倒れてしまい、こちらも危機的な状況です。
 映司はカンドロイドを総動員してヤミーを探します。
ブログランキング・にほんブログ村へ   web拍手を送る



 鴻上に「君が今ひとつ吹っ切れないのはプライドが欲望を抑え込んでいるからだ。非常につまらない」と言われてしまった後藤。ケーキの食べ過ぎで力尽きた後藤の部下の姿さえも鴻上には自分に気に入られたくて必死だったとそれなりに評価、里中も鴻上が食べろと言う限り食べ続けるだろうと言うのでした。
 その里中はクスクシエで辛いものを食べていました。本当は辛いものが好きだけど、甘いものを食べるのはお給料が良いからと割り切っているのはプロです!

 信吾から離れたアンクはやっぱり不自由してました。死にかけている人間なんて簡単に見つかりませんからね。そこへヤミーに支配されたカナと遭遇し手術されそうになってしまい、危ういところを映司(&タカカン)に助けてもらいました。一応映司が折れたカタチでアンクは信吾の体に戻ることに決めます。
 病院で信吾に付き添っている比奈は、握っていた手に思わず力が入って骨を折ってしまい同化したアンクは激痛! 信吾の体を死なせたくないならバカ力を使うなと怒られてしまいました。(笑)
 てか、この骨折は治るの?? 治るのならアンクが同化しているうちに他の怪我も治りそうな感じなんだけど??

 一旦はヤミーに飲み込まれたカナ。しかしアンクが今回のヤミーは“大食い男”の時と同じだと教えてくれたのでオーズはチーターの足でヤミーを引っ掻き、中にカナが見えたところで引っ張り出したのでした。
 病院に戻ったカナはストレッチャーで運ばれる院長を見て「お父さん!」と呼びかけます。検査の結果、院長の手術は難しい場所になると判明。院長はその手術にカナを指名します。
 カナは自分の手術で父を死なせてしまうかも知れないという恐れから断りますが、それこそが院長がカナを手術から遠ざけていた理由でした。カナは手術の技術を磨くことだけを考えていて、人間の命を預かっているという恐れを知って欲しかったのでした。それを知らないカナの手術をしたいという欲望が膨らんでヤミーになってしまったという経緯は映司が院長に話したようですが、ホンキで信じたのか??

 ヤミーと戦っているオーズの前にカザリも現れてオーズはピーンチ! カザリのコアメダルを2個も奪われてしまいました! 復活したアンクが助っ人に来たものの、ウヴァのクズヤミーも邪魔に入ってしまいます。そこに後藤が現れてアンクを援護。プライドを失くしたら終わりだと、後藤なりの答えを出したようです。とりあえずカザリは撤退。ヤミーはオーズが倒してセルメダルをゲットとなりました。
 院長の手術も成功し、スタッフからの賛辞受けるカナは「ようやく外科医としての入り口に立った」のだと謙虚な発言です。

 映司たちの知らない場所では詐欺事件が摘発されていました。犯人の家にはメズールの卵が孵化した状態になっていて、孵った子供たちはメズールたちにセルメダルを齎していたのでした。
 映司やアンクがカザリやクズヤミーに気を取られている隙にメズールは卵を育てていたんですね。

次回 第15話「メダル争奪と輸送車と器」

http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/1192-ab91d96a




★exciteにTBが飛ばない方はミラーブログを設置しておりますのでこちらもどうぞ。
たらればブログ別館→http://blog.livedoor.jp/justy04_1/
[PR]

by saigakuji_x20a | 2010-12-12 12:00 | 仮面ライダーOOO

<< STAR DRIVER 輝きの... ぬらりひょんの孫 第22話「闇と氷」 >>