心霊探偵 八雲 FILE 10「失意の果てに~告知~」   

2010年 12月 06日

 ~告知~って誰のことかと思っていたら、何てこったい!! 原作もそうなってるの!?

 先進医療の取材に行った病院で幽霊の話を聞いた真琴。入院患者に「いつ死ぬの?」と聞く女の子の霊が現れるということで、真琴はその話を八雲に持って行きました。

 晴香の演奏会の為に出てきていた晴香の母は、晴香のことを八雲に頼んで帰ります。その時に2人に渡したいものがあるから後で送ると言ったのでした。
にほんブログ村 アニメブログへ   web拍手を送る



 真琴は病院で一心に会いました。軽い頭痛が続くので検査をしに来たのだとか。一応八雲にもそのことは話しておいたのでした。
 一心が検査をしているうちにナオは病院内で女の子に出会いました。池で死んでいる鯉を見ていた女の子は「人は死に向って生きているの」と言う女の子は病院に出る幽霊にそっくりでした!

 一心の検査の結果は悪いらしく、告知を受けた一心は再来年の桜は見られないだろうから今年の桜が咲いたら花見をしなくてはと言うのでした。何の病気なの~~~!? 脳腫瘍とかですか!?
 ナオを探しに行った一心は池の近くで女の子に会いました。女の子は一心に「いつ死ぬの?」と聞きます。彼女はもう直ぐ死ぬ人が分るのだそうです。それは自分もそうだから。
 女の子は余命半年と告知されているそうですが、移植という道も残されているそうです。それを知っている一心は女の子に希望を捨てないように語るのでした。それでも死が迫っていると感じる女の子は、死ぬのは怖くないのか、人は死んだらどうなるのかと聞くのでした。

 自分は寺の住職だけど死ぬのが怖くないと言ったら嘘になると正直な気持ちを話します。そして人は死んだらどうなるのかという疑問の答えはイロイロな説はあるけど分らないと言います。でも、人は死んでも誰かの思い出の中にずっと生きているからと言うのでした。反面、心を閉ざして生きているのは死んでいるのと同じだから、死ぬのが怖いなら怖いと言えば良いとの言葉をかけてあげます。すると女の子は「死ぬのは怖い、死ぬのは嫌」と涙を流したのでした。女の子の名前は間宮佳子というそうです。これで病院に現れる幽霊の一件は解決したの?

 畠先生を訪れた八雲は、畠が何故七瀬美雪たちを撮影したのかと聞いていました。その答えは畠の好きな死体と同じ匂いを感じたからというものでした。その答えで八雲は或る可能性を導き出します。それは、八雲の父親が実は実体ではなく“死者の魂”なのではないかということでした。
 正しく前回の事件で警察に追われた武田のように、“視える人”でなくても見える存在だったら? もしそうだとしたら、いつ死んだのか? 少なくとも梓を拉致った時には生きてたよなぁ?

 七瀬邸の殺人事件の容疑者として七瀬美雪が警察に確保されました。留置されている美雪は、昔のように両目の赤い男が今度も自分を自由にしてくれると信じていました。
 一心に車を借りに行った八雲は、晴香の母親が晴香と八雲へと寺に送ってきたものを渡されました。晴香には未だ姉が生きていた頃の家族写真、八雲にはアルバムでした。アルバムを捲ってみると赤ちゃんの頃の八雲の写真が貼られていました。晴香の母と梓が写真の交換をしていたようでした。赤ちゃんの八雲はヤバいくらい、メッチャ可愛いですね!!
 武田が撮ったと思われる八雲と梓の2ショット写真の中の梓は、弟の一心も見たことが無いと言うような笑顔でした。そして梓と武田と八雲の3人が写っている写真は幸せそうな笑顔で本当の家族のようでした。

 八雲と2人きりになった場所で一心は、自分の命は長くてもあと一年と告知されたことを告白するのでした。

 七瀬美雪と面会した宮川や後藤たちは、両目の赤い男が一心を殺そうとしていることを聞き出したのでした。

次回 FILE 11「失意の果てに~凶刀~」





★exciteにTBが飛ばない方はミラーブログを設置しておりますのでこちらもどうぞ。
たらればブログ別館→http://blog.livedoor.jp/justy04_1/
[PR]

by saigakuji_x20a | 2010-12-06 00:54 | アニメ | Comments(0)

<< 仮面ライダーOOO(オーズ) ... STAR DRIVER 輝きの... >>