俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第2話「俺が妹とオフ会に行くわけがない」   

2010年 10月 25日

 BS-11での視聴なので、ほぼ2週遅れになっています。なのでTBは積極的に送らない方向です。

 原作を知らないので、お試し的に1話をチョット観たらオモシロイ感じだったので視聴続行することにしました。絵もカワイイし、中村悠一さんの声が聞けるし!(←ココが一番のポイントかも

 自分がオタクだと中学の友達に言えない桐乃。しかしオタクな話をする相手が欲しいので、ノーマルな兄の京介を洗脳しようと強制的に妹系エロゲーをプレイさせることにしました。
 お兄ちゃんは大変だなぁ………(苦笑)
にほんブログ村 アニメブログへ   web拍手を送る



 京介は自分に降りかかる火の粉を他所へ向けようと桐乃にオタクの友達を作ることを勧めました。しかし、中学女子はオタクを最も嫌う人種なので、絶対に中学の友達に知られるワケにはいかない桐乃はオタク友達を作ることに消極的です。そこで京介は、中学の友達に知られないようにオタク友達を作るように桐乃に提案しました。

 手始めにネットコミュニティサイトで同じシュミのコミュニティを探して入会し、その後に実際に会ってお茶会(オフ会)などに参加です。
 お茶会当日、秋葉原が初めての桐乃に付いて来た京介。離れて歩けと言うケド、一人にするなとも言う桐乃に折れて会場に先に入って離れた場所から見ててやると約束しました。けど、初めてのメイド喫茶に戸惑い度MAXです。呼び方はメイドさんにお任せすると「お兄ちゃん」と呼ばれてしまいました。きっと“お兄ちゃん”体質が滲み出てるんだな。

 お茶会に参加した桐乃は服装を始め、他のメンバーから浮きまくりです。なかなか話しが出来ないウチにお開きとなってしまいました。がっかりする桐乃を励ます京介。そこに主催者の沙織がやって来て二次会に参加しないかと誘って来ました。
 先のお茶会で余り話しが出来なかった人を集めての二次会には、ハンドルネーム「黒猫」さんも参加。無礼講の言葉に黒猫の毒舌から始まった二次会は、桐乃と黒猫の白熱する論戦バトルで盛り上がります。桐乃が愛する「メルル」と、その裏で放送されているコードギアスもどきを愛する黒猫。お互いの好みを認める気など全く無い2人の激論は楽しかった!!(笑) この二人は絶対に気が合う筈だ!
 ハラハラしながら観ていた京介でしたが、一次会の時とは比べ物にならない桐乃のイキイキとした表情にホッとしたりもしました。

 家に帰れば、親は2人とも一日中出掛けていたのに桐乃の方の行動だけを気にかけていました。ジェラシー気味な京介ですが、男の子と女の子じゃ違うだろうよ?
 ようやく妹系エロゲーをコンプした京介は桐乃に返しに行きます。しかし、ゲームの何処が面白かったのかを言うように迫られてシドロモドロ。なんとか納得して貰えたので、人生相談は完了と安心したのでした。って、そんな簡単に終わるワケ無いんじゃね??

次回 第3話「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」





★exciteにTBが飛ばない方はミラーブログを設置しておりますのでこちらもどうぞ。
たらればブログ別館→http://blog.livedoor.jp/justy04_1/
[PR]

by saigakuji_x20a | 2010-10-25 15:33 | アニメ | Comments(0)

<< ガッシユ文庫「官能小説家は困惑... 心霊探偵 八雲 FILE 04... >>