バクマン。第2話「馬鹿と利口」   

2010年 10月 09日

 最高は試験の第一日目だというのに一睡も出来ずに朝になってしまいました。学校へ行く準備をしていると秋人が迎えに来ます。なんとしても自分と組んでマンガ家になろうと誘い続けますが、最高はマンガ家になるとは決め手ても未だ組むかどうかは決めていませんでした。
 秋人が最高を「サイコー」と呼ぶので、最高は秋人のことは「シュージン」と呼ぶことに。
にほんブログ村 アニメブログへ   web拍手を送る



 登校時に最高の近くを亜豆は通り過ぎても全然変わらない様子。しかし最高の方は昨夜のプロポーズの一件やら何やらで試験どころではなく、1時限目の途中で保健室へ。秋人も最高を追って保健室へ。しかし保健室では話が出来ないので屋上へ。

 最高は学年トップの秋人に「クラスの皆を馬鹿だと思っているか」と聞きました。勉強が出来れば頭が良いってワケでもなく、逆に勉強が出来ても馬鹿に見えるコトもある。その点、最高や亜豆は頭が良い……などという秋人の考えは最高に近い考えでした。で、最高は秋人と組むかも…と脈アリ?

 ところで、マンガ家になる為の第一関門(?)親へのカミングアウト。最高の場合は、マンガ家だった叔父が亡くなっているので親の反対は必至です。それでも先ず母親に話してみたところ「ダメ」と即答。しかし父に話して貰ったところ意外にも「やらせろ、男には男の夢がある。女にはわからない」との答えが。父さん、カッコイイね!
 最高が祖父ちゃんにも話すと、叔父さんが使っていた仕事部屋の鍵を渡してくれました。死んだ後もそのままにしてあったのでした。祖父ちゃんは最高を“駄目なんじゃないか”と将来を心配してたようです。

 最高は早速秋人を誘って仕事場へと向かうのでした。

 岩瀬愛子が登場。意外と可愛くなかったケド、イメージは合ってますね。

次回 第3話「親と子」

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rin20064/51754552
http://2009nenaki.blog11.fc2.com/tb.php/418-2ba71a52
http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/2002-b4287ae8





★exciteにTBが飛ばない方はミラーブログを設置しておりますのでこちらもどうぞ。
たらればブログ別館→http://blog.livedoor.jp/justy04_1/
[PR]

by saigakuji_x20a | 2010-10-09 22:30 | アニメ

<< ぬらりひょんの孫 第14話「隠... ヨスガノソラ 第1話 「ハルカ... >>