心霊探偵 八雲 FILE1 「開かずの間」   

2010年 10月 04日

 大学の“映画研究同好会”の部室を訪ねた小沢晴香は、先輩に聞いて来たと言って中に居た斉藤八雲に秘密に友達を助けて欲しいとの頼みごとをしました。
 立ち入り禁止の旧校舎に友達と忍び込んだ晴香、美樹、英一、祐一は、ピアノのある部屋で異様な気配を感じて恐怖を感じました。その後、美樹は謎の病気で入院して衰弱する一方で、英一と祐一は自殺してしまったのでした。美樹を助けて欲しいと言う晴香に八雲は2万5千円を提示しますが、それを聞いた晴香は八雲のイカサマに気付いたこともあり依頼を取り消して立ち去ろうとしました。
にほんブログ村 アニメブログへ   web拍手を送る



 ところが八雲は態度を一変して依頼を受けようとします。でも「死者の魂が見える」と言う八雲の噂を信じられなくなった晴香は立ち去ろうとしたので、八雲は晴香には双子の姉が居て交通事故で亡くなったことを言い当てました。その原因まで語られそうになったところで晴香は八雲に頼むことにしたのでした。

 入院している美樹を見舞った八雲と晴香。八雲が美樹に取り付いている女の霊から事情を聞いたところ、彼女達は酷い殺され方をしたらしい。霊というのは殺された場所か遺体が置かれている場所に留まる事が多いので、旧校舎に遺体が置かれているのではないかと推測しました。

 旧校舎に入ろうとしても高岡先生が管理しているので許可が必要と聞いたことや他に気付いた事もあって八雲は高岡を不審に思うようになり、そして晴香には1人で出歩かないように注意しました。
 旧校舎の近くの土中には財布などが埋められていました。 また、旧校舎の音楽室には地下室があることが分かりました。

 高岡先生が怪しいと考えた八雲は高岡先生が使った紙コップを知り合いの(腐れ縁の?)刑事・後藤にDNA鑑定を依頼しました。埋められていた物も頼んでいたので、それらの品に付いている指紋と高岡のコップの指紋が一致すれば警察が動くと八雲は考えていました。

 鑑定待ちをしている間にトイレに行った筈の晴香が行方不明になってしまいました。探しに行った八雲を導いたのはツインテールの女の子でした。
 晴香は高岡によってて旧校舎に拉致されていました。神聖な場所を荒らした晴香を地下の遺体たちの仲間にしてやると言う高岡は駆け付けた八雲に角材で殴りかかります。殴られたはずみでコンタクト(?)が飛んだ八雲の左目の色は赤でした。その赤い目で死者の魂を見ることが出来るのだとか。
 追い詰められた高岡は油を撒いて火を点けて逃げ出しますが、後藤に確保されました。 逃げ遅れた八雲と晴香は屋上に逃げて後藤が通報した消防が来るのを待つことに。

 待っている間に八雲は晴香に旧校舎に行った理由を聞きました。晴香は誰も居ない旧校舎からショパンの「別れの曲」が聞こえるうう噂を聞き、死んだ姉がピアノを得意としていたので会えるかも知れないと思って行ったというのでした。
 姉が死んだのは自分がチョット意地悪をしたから、姉はきっと自分を恨んでいると晴香は思い込んでいました。しかし八雲は晴香の居場所を教えてくれたのはお姉さんだった、恨んでなんかいないと話します。
 姉に会いたいと言う晴香に八雲は目を閉じさせて、姉に会わせて誤解を解いたのでした。


 原作は未読。でもなんか、カッコイイんですけど! 小野Dも良いですねぇ………。絵柄も内容も好みなので視聴継続します! てか、来週も楽しみ!
 しかしPM11:00~という時間帯がなんとも恨めしい。久しぶりにビデオデッキで録画したら再生時にテープが絡まってしまって使用不能に!!! ヤバイ、どうしよう…………(滝汗)

次回 FILE2 「白狐の祟り」






★exciteにTBが飛ばない方はミラーブログを設置しておりますのでこちらもどうぞ。
たらればブログ別館→http://blog.livedoor.jp/justy04_1/
[PR]

by saigakuji_x20a | 2010-10-04 01:24 | アニメ | Comments(0)

<< ヨスガノソラ 第1話 「ハルカ... STAR DRIVER 輝きの... >>