黒執事Ⅱ 最終回を迎えて、残された疑問とか。   

2010年 09月 23日

 アニメ2期の「黒執事Ⅱ」も最終回を迎えました。
 そこで、終わった後に残された疑問とかについて重箱の隅を突付いてみました。
 いつものことですが、身勝手な妄想全開モードだったりしてます。
にほんブログ村 アニメブログへ   web拍手を送る



◆女王亡き後、シエルの元に送られてきた事件の調査(始末)の手紙は誰からのものだったのか?
 少年の眼を抉った事件はクロードの捏造として、人体発火事件の調査やアクロイド卿の子息の誘拐事件の解決依頼の手紙は誰が書いたものだったのか? これもらクロードの捏造? だとしたら、セバスは捏造と知っていてシエルと調査に行っていたということに……。 それに女王への報告はどうしていたのか?

◆人体発火事件の時、犯人のマーガレット・ターナーを唆した「金目の男」というのはクロードだったのでしょうか? そしてグレルが回収できなかったマーガレットの魂はクロードが食べてしまったと考えてOK? てか、OPでクロードが悪魔だとバレているのに改めてココで前振りする意味があったのか? 視聴者ばかりが考えて、当のシエルは「金目の男」については全く興味を示さず……。(オイオイ)

◆アロイスは何故ハンナを虐待していたのか? 別に理由は無く、単にハンナを見るとイライラして虐待したかったから…とかですかね? でも目を抉るっていうのはヤリ過ぎだろ?
 その後、ハンナが悪魔とバレてもアロイスの目を食べても最終回まで抉られた目が復活しなかったのは何故なのか??

◆横取りしたシエルの魂は指輪に込められていましたが、カラス(ハンナの使い魔?)の背に乗っていた蜘蛛は指輪を持っていなかったよねぇ。いつ指輪を外してったんでしょうね??
 そしてセバスはどうやってトランシー家に“指輪”があることを突き止めたのか? そこは“セバスチャン”だからで済むか?

◆クロードは何故ルカと契約して殺した悪魔がセバスだと嘘をついたのか。ソッチの世界で有名になっているらしいセバスとシエルの関係に興味を持ったから? てか、どうしてルカの件を知っていたのか?
 呼び出したのに願い事が決まらないアロイス(ジム)に業を煮やしたクロードが、これを利用してセバスとシエルに関わってみようかな? 程度の気まぐれを起こしたからですか? まさか命を落すハメになるとは思わなかっただろうね。

◆ルカが死んでからアロイスがトランシー家に来るまで数年間があったみたいなのに、どうしてハンナはトランシー家に現れるまで(アロイスがクロードと契約するまで)アロイスの前に現れなかったのか? 真実の愛を教えたかったのなら、ルカを亡くして一人になったジムの前に現れて慰めるとかずっと一緒に居てあげるとか出来た筈だろう? そうすればアロイスが愛に飢えることも無かったのに。
 そうなったら、この話自体が生まれなくなるケドね。
 とにかく、ハンナがトランシー家に現れた経緯が不明でしたね。

◆シエルは悪魔になってしまったけど、死なないワケではないですよね。セバスがシエルとの契約を破棄しようという気になれば、クロードを殺した魔剣を死の島の辺りの海から拾って来てシエルに突き刺せば良いのですから。もしくは、死神のデスサイズでも殺すことは可能なので“永遠に悪魔の執事”とはならないですね。
 となると、シエルを殺さずに執事で居続けるのはセバスの意思ってコトなのか。そうだったら私が少しは救われる気がします。

◆誰も居なくなったトランシー家は1話に出てきたキモイ叔父が継いだんだろうなぁ。
 シエルが悪魔になって一番ガッカリ(?)した事は、好きだったスイーツの味が分らなくなったことかも知れない…………。(笑)
 これからシエルはセバスに悪魔の生態とかを学ぶのか? それとも悪魔には本能みたいなものがあって、本能の欲求に従って生きていくのか?
 13歳で人間から悪魔になってしまったシエルは成長するのかな? 人間から吸血鬼にされると、成長が止まっちゃうってパターンがあるけどね。
 なんか、イロイロと考えてしまいますね。
[PR]

by saigakuji_x20a | 2010-09-23 00:46 | 黒執事

<< ストライクウィッチーズ2 第1... GIANT KILLING #25 >>