ぬらりひょんの孫 第9話「牛鬼が愛した奴良組」   

2010年 09月 05日

 ぬらりひょんに「俺がお前の親になってやるよ、梅若丸」と言われたその日から、奴良組が「家」となった牛鬼。
 そんな牛鬼は、自分が愛する奴良組を滅ぼす者は、例えぬらりひょんの孫であるリクオであろうとも許さないという堅い決意の元でリクオに刃を向けました。
にほんブログ村 アニメブログへ   web拍手を送る



 リクオが三代目の器でないのならばリクオを殺して自分も死ぬ。リクオを認めたのなら刃を向けた責任をとって自害する。どの道、牛鬼は死ぬ気で騒動を起こしていたのでした。
 牛鬼を倒して「三代目になる」と宣言した夜リクオは、人間の時のことは昼リクオに聞けと言うのでした。
 奴良組で傷の養生をしていた牛鬼が昼リクオに問いただすと、昼リクオは夜リクオの事を覚えていて、自分がいくら人間でいたいと思っていても妖怪の血に頼らなくてはならない時もあることを認めるしかないと言う昼リクオも三代目を継ぐ意志を牛鬼に伝えました。そして牛鬼は家族なのだからこれからもずっと一緒だとも言いました。「家族」という言葉にぬらりひょんを思い出し,堕とされてしまった牛鬼!

 ぬらりひょんが召集した総会で牛気の処分を求める発言が。ぬせりひょんはオトシマエをリクオに一任しました。リクオが出した処罰は………、お構い無し!?
 全ては奴良組を思ってこその行動であって謀反ではない、牛鬼組は奴良組の西の要で他の者には務まらないとのリクオの考えに反論する者は無く、ぬらりひょんも満足気でした。 でもケジメの為か牛鬼の腹心である馬頭丸と牛頭丸は本家預かりになりました。雪女は苦手意識が働いたようです。
 そしてリクオは改めて三代目候補として名乗りを挙げたのでした。

 総会の準備で忙しい“お勝手”でリクオの母・若菜は足を引っ張っていました。そしてリクオが三代目候補として正式に指名されると知ると、未だ承認もされていないのに「お赤飯にして良かった」と楽天的! 若菜は果たして楽天的で前向Kingなのか、リクオを信用しているからなのか………?

次回 第10話「魔鏡来たりて果実を喰らう」

http://seraraku2.blog59.fc2.com/tb.php/4822-ab0a7155
http://tb.plaza.rakuten.co.jp/blackwidow/diary/201008300003/d7237/
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kansaianime/51607469
http://reilove.blog51.fc2.com/tb.php/4350-94ebb093
http://yamitarou.blog75.fc2.com/tb.php/2240-963bd2a2





★exciteにTBが飛ばない方はミラーブログを設置しておりますのでこちらもどうぞ。
たらればブログ別館→http://blog.livedoor.jp/justy04_1/
[PR]

by saigakuji_x20a | 2010-09-05 01:26 | ぬらりひょんの孫

<< 黒執事Ⅱ 第10話「零執事」 ストライクウィッチーズ2 第9... >>