戦国BASARA弐 #08「友垣との哀しき再会 猛執刻まれし日の記憶!」   

2010年 08月 29日

 秀吉が力至上主義になったきっかけを作ったのは松永久秀だった!

 加賀藩当主として秀吉に目通りした慶次は、加賀は豊臣の連合軍から抜け不戦を貫くと宣言しました。秀吉はその件を一応了承します。それで謁見は終了…ではなく、慶次は秀吉を説得しようと試みますが秀吉の意志は固く慶次の思いは届きません。そして、何故“ねね”を殺した!? との問いに対する答えは「一度全てを捨てねばならなかったから」でした。
にほんブログ村 アニメブログへ   web拍手を送る



 半兵衛が血を吐いた! 天下統一を急いでいた理由はコレだったのですね。
 慶次の相棒である夢吉が倒れた! その時に会った武士の顔を見て慶次は驚愕しました。若気の至りで秀吉と共に腕試しをしていた頃、松永たちにフルボッコにされ命の危険に晒されました。必死に秀吉の命乞いをする慶次に松永は「力無き者は力有る者に何をされても仕方がない」という持論を説かれて慶次もボコボコにされてしまいました。命拾いしたものの、そこに今までにボコってきた僧兵が仕返しにやって来ました。
 またまた危険となった時、慶次は彼らに許しを乞いましたが松永の持論を真に受けた秀吉は返り討ちにしてしまいました。 この時の出来事がきっかけになって現在の秀吉が在るようです。
 夢吉は慶次の心配のし過ぎで具合を悪くしたみたいです。慶次の相棒は大変だねぇ。

 幸村は引き連れて来た軍勢で薩摩の劣勢を逆転させると島津公と話しますが、あとどれだけの民や部下を犠牲にして、いつまで槍をふるって戦えば平和な世が来るのだろうか…と未だ迷っていました。その迷いを島津公が気付いているかな?

 大阪を目指している伊達軍が尾張に入って野営していると山賊に囲まれてしまいました。伊達軍から何を盗れるか? と政宗は不敵ですが、山賊と思っていた相手は長曾我部元親!(アニキ、生きてたーーーーっっ!! でも何故尾張に姿を現した!?)
 長曽我部は伊達軍から馬を拝借しようとの考えのようです。伊達軍とは知らずの行いだろうし、政宗は元親の顔を知っているのかな? 1期では遠くから大砲をブッ放したのと、安土城の足元で戦っていたし?

 次回は東西アニキ対決! 久しぶりにBASARAらしい超ド派手な激突が見られる!? それも連合軍の結成で、すっっごい楽しみ!!

次回 #09「鬼と竜 尾張の激突! 爆走!伊達・長曾我部連合軍!!」

http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/1461-4bd0e007
http://seigenjikan.blog2.fc2.com/tb.php/1732-00c30c95
http://attakasanonitijou.blog41.fc2.com/tb.php/1004-76afef10
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/tb.php/1373-90f5504d
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/1731-7193479e
http://kiokuno2.blog31.fc2.com/tb.php/1180-82b9d9ce
http://flanpoemega.blog42.fc2.com/tb.php/1393-7bc2efaa
http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/954-00332748
http://aircastle.blog11.fc2.com/tb.php/2210-8b958658
http://happy2material.blog41.fc2.com/tb.php/1950-3eda330b
http://hadakanoninja.blog119.fc2.com/tb.php/1703-68ae74d8




★exciteにTBが飛ばない方はミラーブログを設置しておりますのでこちらもどうぞ。
たらればブログ別館→http://blog.livedoor.jp/justy04_1/
[PR]

by saigakuji_x20a | 2010-08-29 18:42 | 戦国BASARA【終】 | Comments(0)

<< GIANT KILLING #22 黒執事Ⅱ 第9話「虚執事」 >>