CL-DX「純情ロマンチカ」 13巻   

2010年 07月 02日

 10ヶ月ぶりの「純情ロマンチカ」の新刊です。雑誌のトレトレは季刊から隔月刊になったのに、コミックスの発行ペースが以前と変わらないと感じるのは何故かしら…?

 13巻には「純情ロマンチカ」が3話と「純情テロリスト」が1話収録されています。ロマンチカは雑誌掲載時に読んだトコなので、テロリストの書き下ろしが楽しみです!
にほんブログ村 漫画ブログへ web拍手を送る



◆ロマンチカ
 美咲が大好きな漫画を描いている伊集院響のサイン会が開かれる福岡にやって来た美咲と藤堂。もちろん秋彦は付いて来るし、その他にも薫子や水樹も同行です。
 整理券が無い秋彦たちを観光に追いやってサイン会に並ぶ美咲たちでしたが、自分たち以外は女子! それもその筈、伊集院先生はイケメン様なのでした! 昔、出版社で会った時の超ド修羅場でムサかったイメージとは全然違ってたので、美咲も読者としてもビックリでした。

 美咲のコトを覚えていた伊集院先生。偶然なのか、サイン会場隣のカフェで再会しちゃった。でも秋彦もその場に現れたので、なんか2人の間には見えない火花が飛んだ感じ。 伊集院センセイは美咲のホモフェロモンにヤられちゃった人ですか? それとも秋彦に興味でも? な~~んか、引っかかるよね。 秋彦も何かを感じてるみたいで、自分のBL本を伊集院に渡そうとしました。気付いた美咲が渡さなかったけど、秋彦の狙いは、伊集院に本を読ませてモデルは自分達で既に美咲は自分のモノなんだよ~と牽制したかったとか?
 ま、そんなの読まなくても、伊集院は気付いてるっぽいんですけどね~~~(汗

 相川に勧められて丸川のエントリーシートを見てみたらスラスラ書けたので、ようやく自分のやりたい事が見つかったカンジの美咲。丸川を受けることにしました。

 合否の結果は次刊ということで。う~~ん、丸川書店は“七光り”とか“コネ”に苦しみそうな人が多く入社するトコなのか?

◆テロリスト
 突然「デートに連れて行け」と言い出した忍チン。今までもデートをしていたつもりだった宮城は戸惑いますが、改めて考えてみると大学生が行きそうなデートコースではなかったと気付いたので忍に行きたいトコを聞きました。でも忍も行きたいトコ無いみたいだけど、無理矢理搾り出して「水族館」に決定。

 しかしデート当日に宮城が熱を出して寝込んでしまい、今後の予定も詰まっていたので水族館デートはお流れになってしまいました。でも結局のところ忍はデートがしたいのではなくて、ただ宮城と一緒に居たいってコトなのでした。
 隣に住んでいても、宮城が忙しそうだから会いに行っても良いものかどうか…と気を使っていたんですね。カワイイですよ、忍チンは。

 それを聞いた宮城は自分のトコで部屋が一つ空いているので、来ませんか? と同居のお誘いをします。言葉よりも態度で答えを表す忍は病人のベッドにダイビング! 嬉しそうです…(笑
 宮城が忍に趣味は何かと訪ねたところ、「趣味は宮城」との答えが帰って来ちゃったものだから、高熱で緩んでいるオッサンの理性は何処かへとフッ飛んでしまいました。
 目が覚めるまで抱き合ったら、理性どころか熱も何処かへ飛んで行くわな。
 ―――これからは それが毎日――― (オッサンのクセに宮城は体力あんなぁ……)ゲッフン、ゲフン

http://kagura77.blog99.fc2.com/tb.php/2335-340890b6
http://cazsakura.blog114.fc2.com/tb.php/833-a82334f7





★exciteにTBが飛ばない方はミラーブログを設置しておりますので href="http://blog.livedoor.jp/justy04_1/" target="_blank">こちらもどうぞ。
たらればブログ別館→http://blog.livedoor.jp/justy04_1/
[PR]

by saigakuji_x20a | 2010-07-02 18:30 | マンガ

<< 戦国BASARA 宴EDITI... SMAP世界初のドッキリドラマ... >>