閃光のナイトレイド 第9話「新しき京」   

2010年 06月 07日

 “預言者”の乗った列車を追いかけた葵は満州国の建設中の新都になる新京に辿り着きました。そこには秘密の地下通路が建設されていて多くの軍人が警備をしていることから、そこに預言者が居る場所らしいことが分かりました。

 警備を潜り抜けて部屋に向かおうとした時、葵の行く手を遮ったのは葛でした。見逃して欲しいと頼む葵に、始めは“女一人の為に”と言った葛も同じ様な衝動に駆られたことがあるのか見逃してしまったのでした。
にほんブログ村 アニメブログへ   web拍手を送る



 静音を連れ出した葵。一旦空家に逃げ込むと馬か何かの逃走手段を手配しようとしましたが静音は逃げようとする意思は無いようで、自分の一族の役割と死んだ事にしなければならなかった事情を葵に話したかったのだと言うのでした。葵の知っている自分はもう居ないから忘れてくれと言う静音に、何も変わっていないと言う葵。一緒に逃げるかどうか決めて欲しいと言い残して逃走手段の手配をしに出掛けます。でも葵が戻ると静音の姿は何処にも在りませんでした。

 預言者を探す桜井に葛は葵のした事だと話します。自分が見逃したことも正直に言うと「桜井機関はいつから“仲良し倶楽部”になったのか?」と叱責されてしまいました。ま、当然だろうけど、桜井さんは預言者と葵の関係は調査済みだったんだねぇ。葵的にはムカつくよね。

 雪菜の目の前に現れた勲は、自分の中にある事情の全てを雪菜に読んでも良いと言い出しました。それが雪菜の心に深い傷を残すだろうことも、それを覚悟で知るかどうかを雪菜に選択させました。
 意を決して勲の心を読んだ雪菜は、大勢の人々を殺す爆弾の威力を見せ付けられて失神してしまったのでした。
 勲は倒れた雪菜を棗に託すとまた姿を消してしまいました。 ベッドで意識を取り戻した雪菜は、もう抜ける訳にはいかないと決意を新たにするのでした。

 葵たちが上海に居た時に馴染みにしていた招福飯店は消失しちゃって、看板娘は奉天に引っ越して来たようです。「第一次上海事変」などというものがあったのも初めて知りました。

 勲は今度は葛に接触するようですね。葵よりも葛の方が感化されそうな気がします。てか、葵の処分がどうなるかが気になる!!

次回 第10話「東は東」





★exciteにTBが飛ばない方はミラーブログを設置しておりますのでこちらもどうぞ。
たらればブログ別館→http://blog.livedoor.jp/justy04_1/
[PR]

by saigakuji_x20a | 2010-06-07 01:16 | アニメ | Comments(0)

<< 観月ありさ版「鬼龍院花子の生涯」 鋼の錬金術師 FULLMETA... >>