閃光のナイトレイド 第4話「カメラと包子と野良猫と」   

2010年 05月 03日

 葵たちの馴染みの店である招財飯店のメニューの写真を撮って欲しいという依頼が舞い込みました。葛は写真では味を表現出来ないと断ろうとし、葵はプロなら撮るべきと簡単に引き受けようとして意見が対立。
 招財飯店のライバル店である日本料理店に行ってみると食品模型が飾ってあり、それに勝る写真を撮らなくてはならない事に気付いた葵は途端に及び腰になってしまいました。葛は先に葵に言われた事を、そのまんま言い返して雪辱。根に持っていたなんて、意外と子供っぽい。
にほんブログ村 アニメブログへ   web拍手を送る



 招財飯店での写真撮影は、直感のまま大雑把に撮る葵とセオリー通りに撮って行く葛。撮影後に寄ったカフェでは、コーヒーだけを頼んで招財飯店から貰った包子を食べる葵とボルシチとサラダを頼む葛。
 軍服を着て歩いている日本軍に対する考え方の違いを語り合っているうちに葵はフィルムを入れたカバンが無くなっていることに気付きました。かっぱらいの仕業と考えた葵はクリーニング屋を営んでいる情報屋にアジトの場所を聞きに行き、葛は水商売の女に情報を聞きに行きました。
 結局、行き着いた場所は二人同じでした。しかしそこは大きな組織の末端でもあるので慎重にならざるをえません。葵は一網打尽にしようとし、葛は一人ずつ捕まえようとします。
 なかなか意見が合わないで居る時に葵が猫のしっぽを踏んでしまい、驚いた猫は様々な物を倒しながアジトに入って行ってしまいました。慌てて逃げた葵と葛は頭を冷やすことにしました。

 そんな二人の近くを通り過ぎるカバンを引っ掛けている野良猫。正しくそれは葵の探していたカバンで、葵は猫を追いかけて取り返そうとしますが、猫の通る道は悪路なのでなかなか追いつけません。猫の通り道を予測して先回りした葛も猫を見失ってしまいました。
 偶然通りかかった雪菜に猫の事を聞くと招財飯店の包子が好物という猫だということで、招財飯店に行ってみると猫が居たのでカバンを取り返すことに成功しました。

 雪菜には葵と葛は、まるっきり正反対の性格だけれども、だからこそお互いを補うことが出来るのだから良いコンビと見えているようです。

 今回みたいなドタバタは面白いですね。いつもは涼しい顔をしている葛が時々見せる困った顔とか取り乱した顔が好きですねぇ。ツンデレか??

次回 第5話「夏の陰画」

http://yamitarou.blog75.fc2.com/tb.php/1868-e0cdc571
http://kagura77.blog99.fc2.com/tb.php/2215-d0dc162b





★exciteにTBが飛ばない方はミラーブログを設置しておりますのでこちらもどうぞ。
たらればブログ別館→http://blog.livedoor.jp/justy04_1/
[PR]

by saigakuji_x20a | 2010-05-03 01:13 | アニメ

<< 迷い猫オーバーラン! 第5話「... 鋼の錬金術師 FULLMETA... >>