おまもりひまり 第12話(最終回)「猫と優人と乙女の純情」   

2010年 03月 27日

 一人で戦いに行った緋鞠は、タマを相手にする為に大暴走を始めてしまいました。単に優人を守りたいという想いからなのですが。
 鏑木はコレ幸いと妖を一掃しようと企んでいます。周囲の異変に気付いた優人は緋鞠が居ないことで、慌てて現場に駆けつけます。凛子も緋鞠の言葉に不安になりました。

にほんブログ村 アニメブログへ   web拍手を送る



 タマと緋鞠の戦いの最初は緋鞠が不利だったものの、更なる変化を遂げた緋鞠は互角? 朱天童子は戦う緋鞠を見て大昔の契約の為に戦っている緋鞠をバカにしたような物言いをしますが、凛子は乙女の純情をバカにするなと反論します。
 どーせ、朱天童子には理解できないけどね。

 緋鞠を応援する皆の声が聞こえたかのように、一時は危機に陥った緋鞠は大逆転でタマを退けました!! 大喜びの優人たちですが、本当の戦いはこれから? 暴走が止まらない緋鞠は静水久やくえすや凛子、優人にまで攻撃を仕掛けてしまいました!

 朱天童子はタマの代わりに緋鞠の力が人間を滅ぼしてくれるだろうと喜びます。鏑木は約束が違うと言っても、所詮は利用されただけでフッ飛ばされてしまいました。さすが、小物ですよ。

 暴走の止まらない緋鞠に対して優人は主人として処断しなくてはならないのかと、刀を手に緋鞠に近づきます。襲ってくる緋鞠に優人は刀を振るう事はできずに抱きしめました。必死に呼びかける優人の声が届いたのか、緋鞠は自我を取り戻します。優人も“光渡し”に覚醒します。

 この事態に怒った朱天は鬼に変化しちゃいました。しかし覚醒した優人によって力を得た緋鞠は半覚醒の朱天程度なら無敵です! 圧倒的な強さで倒してしまいました。

 そして元の生活に戻る為に帰ろうとすると緋鞠は優人が覚醒したのでもはや“護り刀”は無用になったと身を引く決意をしましたが、試しに優人に“光渡し”をやって貰おうとしたら出来ない!? どうやら“護りたい”という想いが一時的に覚醒させたようです。

 ということで、まだまた護り刀は優人に必要なので緋鞠も一緒に帰ってきました。タマさんも一緒です! 大食漢のタマさんは、食費が大変そうです。でも放っておいたら誰かに利用されそうだし、仲間にしたら心強いですもんね。

 EDでは優人が両親と家に引っ越して来た時から現在までが描かれて、寂しかった家が皆で賑やかになって良かったって感じでした。
 そーいえば、優人の猫アレルギーは治ったの?

 HAPPY ENDで良かったです。絵も可愛くて、毎回のH要素も楽しめました。優人の記憶も完全覚醒してないし、続きがあっても良いかな…と思います。

http://kiokuno2.blog31.fc2.com/tb.php/869-f813df80





★exciteにTBが飛ばない方はミラーブログを設置しておりますのでこちらもどうぞ。
たらればブログ別館→http://blog.livedoor.jp/justy04_1/
[PR]

by saigakuji_x20a | 2010-03-27 12:52 | アニメ | Comments(0)

<< 戦う司書 The Book o... こばと。 第23話「…こばとの... >>