仮面ライダーダブル 第24話「唇にLを/嘘つきはおまえだ」   

2010年 03月 01日

 ライアードーパントと遭遇したにも関わらず、まんまと相手の技にひっかかって逃がしてしまいました。ジミーはゆきほさえも自分の才能を信じてなかったことを知って絶望し音楽を捨てようとします。

 ライアードーパントは若者の絶望の涙を集めるのが趣味なようです。和紙に涙を染み込ませていたことから、ドーパントの正体をフィリップが検索できました。
ブログランキング・にほんブログ村へ   web拍手を送る



 路上ポエマーがドーパントと検索したものの、行方をくらましてしまいました。しかし若菜のラジオのリスナーらしいので若菜に協力してもらい、おびき出す作戦を考えました。

 若菜がラジオで電波塔の魔術師に会うと言うと、路上ポエマーは若菜の後を付けて行きます。ある場所に行くと“電波塔の魔術師”が現れました。しかしそれは翔太郎の変装!!(笑) そして若菜と思った女性はフィリップの女装でした!! なんか可愛いかったよ! でも亜紀子は自分は女なのに若菜役をさせて貰えなかったことにショックを受けたようです。(笑)

 さすがにライアードーパント対策をしていたので、今回は先に口を塞いで戦いましたね。ビルから落ちたWをアクセルがバイクに変形して助けてあげました。やはりアクセルのバイク形態はWの乗り物ですか!?
 今回はWがドーパントのメモリブレイクをしましたね。ようやく主役が活躍でした。

 一度は絶望したジミーでしたが、翔太郎に励まされてフーティックアイドルの会場に現れました。しかし評価はズタボロでした。でも「ハートは感じた」と言われたのが救いでしたね。その後はゆきほと同じ職場で働き始めたようです。音楽はゆきほの為だけに続けて欲しいです。
 そーいえば、フーティックアイドルの観客はジミーの歌を聞いても悶え苦しまなかったですね。

 フーティックアイドルで負けたものの、エリザベスとクイーンはCDデビューすることになりました! 当然リアルでも発売ですね。

 井坂医師の元を訪れた冴子。しかし井坂は女性としての冴子に興味は無く、ドーパントとしての冴子に興味を持ったようです。そして”恐怖の大王”を倒すという野望を抱いていることにも気付いていました。そんな井坂に冴子は心を奪われた??





★exciteにTBが飛ばない方はミラーブログを設置しておりますので こちらもどうぞ。
たらればブログ別館→http://blog.livedoor.jp/justy04_1/
[PR]

by saigakuji_x20a | 2010-03-01 00:42 | 仮面ライダーダブル【終】

<< こばと。 第20話「…旅をする... 鋼の錬金術師 FULLMETA... >>