戦う司書 The Book of Bantorra 第17話「帰還と出会いと燃えあがる緑」   

2010年 01月 24日

 突然ヴォルケンがバントーラに戻って来ました。非難の目で見る武装司書たちにヴォルケンは武装司書の正義を取り戻すために戻ってきたと演説します。正々堂々と裁判を受けようとするヴォルケンですが、ハミュッツを倒す為に必要な証人を探していました。

 レナスの人格を植えつけられていた“レナス”に元々の人格が現れるようになって来ました。それを知ったエンリケはノロティの為にもなんとか“レナス”としての人格を留めようとします。
にほんブログ村 アニメブログへ   web拍手を送る



 アーガックスの水を飲んでヴォルケンのことを忘れてしまったミレポック。何故自分がそんな事をしたのか知りたいと思います。記憶を取り戻すには魔術師に頼らないとならないようです。マットアラストには、その事を決断した過去の自分の信じろといわれますが……。

 ハミュッツの罪を明らかにする為に必要な証人を探していたヴォルケンと偶然であった“レナス”。彼女のことを“オリビア・レットルット”と呼ぶとオリビアの人格が出てきてしまいました。
 オリビアを連れてバントーラから逃亡したヴォルケンにハミュッツは追撃と抹殺命令を出します。

 ヴォルケンが向かったと思われた場所にはヴォルケンの師匠であるヴィザクがいました。ヴィザクはヴォルケンに「手向け」だと手合わせすることになりました。

 なんかヴォルケンが突然戻って来た理由がよく分からないです。こうなってしまうとヴォルケンが生き延びる可能性はもう無いってコトなのかな? 作画もビミョ~だったしなぁ…………。

 OPとEDが変わりました。OPは今までの「戦う司書」の世界観を上手く表現していたALI PROJECTと変わって、な~んか普通のアニメっぽくなりましたね。ヴォルケンが消えてた…よね???

次回 第18話「プロペラと追想と鉛の人間」





★exciteにTBが飛ばない方はミラーブログを設置しておりますのでこちらもどうぞ。
たらればブログ別館→http://blog.livedoor.jp/justy04_1/
[PR]

by saigakuji_x20a | 2010-01-24 01:57 | 雑記 | Comments(0)

<< けんぷファー 最終回「臓物たち... おまもりひまり 第3話「メイド... >>