ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第1話「響ク音・払暁ノ街」   

2010年 01月 13日

 AT-Xでの視聴です。でももう観られないと思う…………。(泣)
 脚本が吉野さん、音楽が大島ミチルさん、OP曲がカラフィナ!

 二等兵でラッパ師のカナタは第1121小隊に配属され“刻告げ砦”に配属となりました。
 途中まではサイドカーで送って行って貰ったものの、街の「水かけ祭り」の関係で砦のでは徒歩で行く事になったカナタは祭りに巻き込まれてしまいます。
にほんブログ村 アニメブログへ   web拍手を送る



 街の子供に色水をかけられて、一緒になって水をかけまくるカナタ。見兼ねたリオがお風呂に入れて、軍服も洗ってくれました。(リオがやってくれたワケじゃないけど)
 カナタが子供の頃に見た(聞いた?)鈴を見せてくれたリオ。しかし鈴はフクロウに持ち去られてしまいます。リオは気にするなし言ってくれましたが………。

 改めて砦に行くように言われたカナタでしたが、鈴の音が聞こえるので探しに行ってしまいました。崖を慎重に降りて行き、途切れた階段も飛び越えた! と思ったら脆くなってて崩れてしまい湖に落ちるカナタ。
 沈んだカナタが湖底で見たのは“炎の乙女”の言い伝えに出てくる“羽の生えた悪魔”の化石でした。
 鈴を取り戻したもの力尽きそうなカナタは持っていたラッパを吹きます。その音は祭りで“炎の乙女”の役をしていたリオに届き、カナタは無事救助されたのでした。

 カナタが気が付くと刻告げ砦に連れて来られていました。リオは“刻告げ砦”と呼ばれる所以であるラッパを吹き、夜が明けていく様を観たカナタは「ソラノオトだ………」と感動。その後に「起床ラッパを吹け」
と言われたカナタが吹いたラッパは下手でしたが、街の住人は苦笑しながらも受け入れたようです。





★exciteにTBが飛ばない方はミラーブログを設置しておりますのでこちらもどうぞ。
たらればブログ別館→http://blog.livedoor.jp/justy04_1/
[PR]

by saigakuji_x20a | 2010-01-13 01:03 | アニメ

<< 田の中勇さん、死去 こばと。 第13話「…天使と守... >>