こばと。 第8話「…こねこの子守唄。」   

2009年 12月 02日

 小鳩は道端でダンボールに入れられていた子猫を拾いました。いおりょぎさんが止めるのも聞かずに子猫をアパートに連れて帰ってしまいます。
 当初はアパートで子猫を飼えるものと気楽に考えていた小鳩でしたが、千帆や千世からこのアパートではペットを飼ってはいけないことになっていると聞かされたので、よもぎ保育園でなら飼って貰えると思い連れて行くことにしましたが………。
にほんブログ村 アニメブログへ   web拍手を送る



 保育園に“ミルク”と名づけた子猫を連れて行くと子供たちに大人気! 清花にも好印象のようで、ミルクを飼って貰えそうな感じでしたが園児の一人がクシャミをし出しました。猫アレルギーの疑いがあるということで、園ではミルクを飼って貰えませんでした。

 手当たり次第にミルクを飼ってくれる人を探す小鳩と千帆&千世は堂元に出会ったので、飼ってくれそうな人が居ないか聞くと探してくれると言ってくれました。相変わらず優しい人です。ついでに、知らない人にむやみに頼んじゃいけないよ、と忠告されました。その忠告から知人にお願いしようとしますが、琥珀の家は留守だし、チロルは休店日だしでツイていません。その様子をピザ配達の途中で見かけた藤本は……。

 夜も更けて、ミルクも疲れてしまったようなのでアパートに帰ることにした3人。一度千歳に猫のことを話してみることにしてアパートに帰ると、顔見知りのお婆さんが待っていました。子猫の飼い主を探していると藤本に聞いたらしく、孫の遊び相手にと子猫の里親に名乗り出てくれたのでした。

 ミルクをお婆さんに託してホッとした小鳩ですか、喪失感は否めません。ミルク皿を返しに千帆&千世の元を訪れた小鳩ら千歳は屋上に居ると教えてくれました。
 屋上に行くと寂しそうにしている千帆&千世。2人にお婆さんとの出会いの話してあげます。そして、その時に唄った歌を千帆&千世にも唄ってあげたのでした。(天界一といわれた琥珀の歌声に匹敵すると言われているのに、そんなに上手くないような………(汗))
 唄い終わった時には千帆&千世は眠っていました。

 部屋に戻ってみると、瓶の中のコンペイトウが2つ増えていました。理由が判らない小鳩にいおりょぎさんは、ミルクが引き取られて寂しい思いをしていた千帆&千世を歌によって癒したからと教えてあげます。歌でも人を癒せることを知った小鳩でしたが、ミルクと同じカバンに入れられていたいおりょぎさんがミルクに齧られたりして迷惑を被っていた理由から、今回の点数は0点になってしまいました!! 残念!!!

次回 第9話「…夏の記憶。」

http://candlexxxlight.blog16.fc2.com/tb.php/1086-1348f6d9
http://yamitarou.blog75.fc2.com/tb.php/1490-0de6f55b
http://dacapo3.blog7.fc2.com/tb.php/693-bc797037
http://rirurirupon.blog.drecom.jp/tb_ping/845/7CtGlG3-xYXTwdrn1xHsdCsziHIA
http://keycafe.blog27.fc2.com/tb.php/642-c0cf46c2





★exciteにTBが飛ばない方はミラーブログを設置しておりますのでこちらもどうぞ。
たらればブログ別館→http://blog.livedoor.jp/justy04_1/
[PR]

by saigakuji_x20a | 2009-12-02 00:57 | こばと。【終】

<< 「闇の末裔」の12巻が1月に発売 仮面ライダーダブル 第12話「... >>