アスラクライン2 EXO19「君に捧ぐ真実」   

2009年 11月 14日

 久しぶりのアスラクラインです。いよいよ核心に近づいてきたってカンジですね。

 兄・直貴の墓を見せられた智春は、朱浬たちにこの事を話すと皆が「直貴に会った事がある」と言います。そこへ智春の携帯に直貴からの電話が。「直ぐにそこから逃げろ」と言う直貴に事情が飲み込めない智春がモタモタしていると窓からバイクが突入して来ました!!
にほんブログ村 アニメブログへ   web拍手を送る



 乗っていたのは女性ですが仮面を被っていて顔は分かりません。ただその仮面がピカソの抽象画みたいだったので「ピカソ仮面」と命名されてしまいました。ふざけた仇名とは裏腹に、ピカソ仮面は魔力を無効に出来たり半端ないバイクの腕で智治を追い詰めます。逃げ場が無くなり絶体絶命のところを助けてくれたのは謎のアスラクラインで、瞬間移動能力を持っていました。操緒は「鋼」と呼んでいました。

 しかし鳴桜邸は何者かに爆破されてしまい、智春は事情を知る者として警察から手配されてしまいました。とりあえず教会に逃げ込んだ智春たち。朱浬は第二生徒会長にアニヤと科学部部長に保護を依頼して受理されました。これで二人はひとまず安心です。

 様々なトラブルに巻き込まれる智春に「どこまで巻き込まれ体質なんだ」と呆れたような言葉と共にとうとう姿を現した直貴。しかし朱浬たちが“直貴”と呼ぶ人物は智春の知っている兄ではなかった!! 目の前の男は、本物の兄は留学中に亡くなっていて、そして自分は一巡目の世界から来た智春だというのでした。

 一巡目の世界の智春の体は“非在化”が始まっていました。それは“上書き”に失敗したからだそうです。一巡目の世界からやって来て、二巡目の世界の智春に上書きをしようとしていたら、既に二巡目の世界の智春は死んでいたというのです!!
 それは例の飛行機事故の時でした。事故直後に現場に来た一巡目の世界の智春は、死に瀕している二巡目の世界の智春と、その智春に守られたのか軽傷の操緒と巡り会います。操緒は智春が死んだらつまんないから助けて欲しいと一巡目の世界の智春に頼みます。そして一巡目の世界の智春は操尾の魂と鋼の能力を使って二巡目の世界の智春を蘇生させ、操緒は自らベリアルドールになったのだというのでした。
 ショックな二巡目の世界の智春に一巡目の世界の智春は「君は僕が居なくなった後のスペアだから死んだりするな」と言うのでした。

 一難去って、また一難? 智春たちはドーターを無断私用したとして拘束されることになりそうです。





★exciteにTBが飛ばない方はミラーブログを設置しておりますのでこちらもどうぞ。
たらればブログ別館→http://blog.livedoor.jp/justy04_1/
[PR]

by saigakuji_x20a | 2009-11-14 22:31 | アニメ | Comments(0)

<< 戦う司書 The Book o... こばと。 第5話「…ホタルのや... >>