戦う司書 The Book of Bantorra 第4話「夕方とシロンとコリオ」   

2009年 10月 25日

 コリオは三毛猫を追ってイアの家に辿り着きました。イアはシロンの本を持っていて、三毛猫の名前はシロンからのものでした。本を通じてシロンと会話をしたらしいイアとカート・ヘロ。未来が見えてしまうことにより、生きる意味を見失っていたシロンを励ましていたのでした。
 シロンの未来が見える能力ってハンパないね! コリオがシロンに恋することも、コリオがどんなシロンに恋するかも、そしてコリオがどんな結末を迎えるかも全て見通していたのですね!
にほんブログ村 アニメブログへ   web拍手を送る



 シガルと対峙するハミュッツ。相手は小者なのですが手にしている防御と攻撃を兼ね備えた魔剣と、ハミュッツに病に冒されているせいで追い詰められてしまいます。鉄橋を渡る列車の上で戦うハミュッツは追い詰められて列車から落とされそうになります。ハミュッツは鉄橋を落としてシガルを倒そうとしましたが、魔剣に阻まれてしまいました。魔剣はハミュッツの死を願ったのか?

 シガルとハミュッツの戦っている場所に現れたコリオ。手にはナイフを握っていました。通常ならそんなナイフごときでシガルを倒せるワケがないと思うのですが、シロンの導きにより夕日を背にしたコリオはシガルを刺すことが出来ました。しかし崩れた風車の下敷きになった3人。目覚めたハミュッツは辛うじて生きていたシガルにとどめを刺します。コリオは風車の残骸に体を貫かれて息絶えていました。しかしその顔は幸せそうでした。
 シロンとコリオは同じ夕日をみていましたが、それは何処の世界??

 シガルが持っていたシロンの本に書かれていた竜骸咳の特効薬のおかげでハミュッツたちの病は快方に向かいます。ハミュッツも隔離部屋で刺繍をしながら(なんか可愛いよ!)ヴォルケンに謝っていましたが……ヴォルケンは図書館の何かを盗んで逃亡してしまいました!! 1話で船の中で見た刻まれた言葉が関係しているみたいでいです。

次回 第5話「裏切りと杯と迷いの小道」

http://yamitarou.blog75.fc2.com/tb.php/1387-0ba79847
http://blogs.yahoo.co.jp/todoneco_cu/trackback/1192919/30074582





★exciteにTBが飛ばない方はミラーブログを設置しておりますのでこちらもどうぞ。
たらればブログ別館→http://blog.livedoor.jp/justy04_1/
[PR]

by saigakuji_x20a | 2009-10-25 01:08 | アニメ

<< 仮面ライダーダブル 第8話「C... アスラクライン2 EXO16「... >>