戦う司書 The Book of Bantorra 第2話「爆弾と姫君と灰色の街」   

2009年 10月 11日

「全ての生の終着点、神立バントーラ図書館へようこそ」

 “バントーラ”って神様の名前だったんですね。

 世界で最も就くのが難しいと言われる職業が“武装司書”だそうです。そしてその中でも最強の武装司書が館長代行のハミュッツ・メセタ。皆殺しが一番得意なのもハミュッツ・メセタ。不得手なのはヴォルケンだそうです。
 ヴォルケン、迷ってますねぇ……。ハミュッツの強さは認めても、“心”が無いと反発心剥き出し?

にほんブログ村 アニメブログへ   web拍手を送る



 “肉”にされてしまった元“人間”のレーリア、ヒョウエ、コリオ。
 ヒョウエは爆弾を埋め込まれた時の傷が化膿していて痛そう……。鉱山で武装司書に見つかってしまっ
ところで爆弾が作動して武装司書のルイモン諸共に爆発してしまいました。巻き添えになったパン屋さんが気の毒……。彼女だった人も可哀想。

 その爆発騒ぎの裏に神溺教団の影を見つけた図書館は館長代理のハミュッが現地に赴きます。飛行機からパラシュート無しで、体一つで飛び降りるハミュッツって人間じゃないよっ!

 “肉”にされたレーリアは人間だった時の記憶が少し残っていました。シガルの話を聞いた後、レーリアは自爆。シガルを道連れにしたかったようですが、全く無傷で無駄死にでした。
 コリオは“常笑いの魔女”の“本”の破片から彼女の記憶を読んでいました。図書館が血眼になって探している彼女の本には何が書かれているのか? 何故処刑されたのか? 図書館が隠したい何かが記載されているとか??

「見~~つけた♪」

 鉱山に降り立ったハミュッツは早速、神溺教団や肉狩りを始めました。始めにサーチして、そしてどんな場所に居ようとも高速で飛ばした小石をターゲットの頭に命中させるなんて人間技じゃないよ! 凄過ぎるっ!!

次回 第3話「爆弾と人間と死の神の病」

http://hirarinko2.blog90.fc2.com/tb.php/1882-a4a6658c





★exciteにTBが飛ばない方はミラーブログを設置しておりますのでこちらもどうぞ。
たらればブログ別館→http://blog.livedoor.jp/justy04_1/
[PR]

by saigakuji_x20a | 2009-10-11 01:20 | アニメ

<< 仮面ライダーダブル 第6話「少... アスラクライン2 EXO14「... >>