化物語 第12話(最終回)「つばさキャット其ノ貳」   

2009年 10月 05日

 TV版最終回です。BS-ジャパンで視聴していたので遅くなりましたが、最終回ということで記事を書いてみました。

 「I♡HITAGI」「I♡KOYOMI」の文字の乗ったお弁当を一緒に食べる暦とひたぎ。ひたぎが突然「デートをします……………デートをしなさい」となり、学校が終わった後の夜(!!)にひたぎの家に行くと、車に乗せられてしまいました。勿論ひたぎは運転できないので、運転しているのは………ひたぎの父親!! 初デートだ記念日だと浮かれていた暦は一転して父親同伴のデートという拷問の場に身を置くことになってしまいました。
 気の毒に…………。(爆)
にほんブログ村 アニメブログへ   web拍手を送る



 いつものように暦がひたぎを「戦場ヶ原」と呼ぶと、「阿良々木くんが、お父さんを呼んでいるわよ」と父親に振る! どうやら名前を呼ばせたいらしい。でもひたぎは“阿良々木くん”のまま。
 私が好き? とか、試験の結果の話とかの話をしている時に、ひたぎの左手は暦の太腿を撫で回しています。神原がエロイかどうかという話で、暦のエロ基準を変えようと耳元で何事か囁くひたぎ。〆には耳を噛むし!! 白化した暦はもしかして……下着を汚しちゃったりした?(笑)
 羽川の話になると、羽川の勉強はレベルが違う。 満点が取れないのなら、それは試験問題の方に誤りがある。 でも、いつも満点を取り続けるプレッシャーやストレスは成績優秀なひたぎでも計り知れないと言います。それが頭痛の原因とか??

 車が駐車されると、ひたぎは暦を置いてデート場所の下準備に行ってしまいました。父親と車の中という狭い密室に二人きりにされてしまった暦は居た堪れない……。
 「娘を宜しく頼むよ……なんちゃって」
 お茶目な台詞から始まった会話は、仕事人間でひたぎに構わないでいるうちに娘に心を閉ざされてしまった。 病気のことや母親のことがあってもどう接して良いのか分からなかった所へ、ひたぎが仕事を手伝わせて欲しいと頼み事をして来た。(忍野への代金稼ぎですね) そして今回また…。
 ひたぎが変わったのが嬉しいようです。そのきっかけを作った暦のことは、信用している娘が連れて来た男だから…ということらしいです。
「娘を宜しくたのむよ…」改めて言われてしまいました。

 ひたぎが迎えに来ると父親には「ここからは若者の時間しいうことで…」と2時間くらいで戻ると言うと共に「ありがとう」と礼を言うのでした。

 ひたぎに頭を押さえつけられて、下向きで歩かされる暦。暦は敢えてされるがままになってます。シートを敷いたところに目を閉じたまま寝転んで、ひたぎの許可が降りてから目を開けると、満天の星空が広がっていました。感動に言葉もでない暦。
「これで全部。私が阿良々木くんにあげられる物は、勉強を教えることと、可愛い後輩、罵倒や雑言も…」
 体も残っているけど、かつて下衆な輩にされたことがトラウマになっていて、暦と同じ行為をするのは未だ怖いと言うひたぎ。
 口の悪さはどうにもならないけど、こんな事されて、あんな事言われたら、男なんてイチコロ(死語)ですよ!! 可愛い過ぎる!! ひたぎのひたむきさに、なんか泣きたくなるわ。暦に嫌われるのが怖いと言うひたぎ。暦のことが本っっ当に好きなんですね。
 暦の何処が好きかと聞かれて、優しいところ、カワイイところ、困っている時には必ず助けてくれる王子様みたいなところ………って、本気で言ってたのかも。

 あの下衆な輩はひたぎの体が目的だったから唇は奪わなかった。
「だから阿良々木くん、キスをしましょう……」
 当初の期待通り、この日は暦の記念日になったようです。

 真の最終回はWEBだそうですね。私は視聴不可なネット環境なのでDVD(収録するかな?)に期待します。

http://cazsakura.blog114.fc2.com/tb.php/741-54e1534d





★exciteにTBが飛ばない方はミラーブログを設置しておりますのでこちらもどうぞ。
たらればブログ別館→http://blog.livedoor.jp/justy04_1/
[PR]

by saigakuji_x20a | 2009-10-05 15:39 | アニメ | Comments(0)

<< 戦場のヴァルキュリア 第二十六... 鋼の錬金術師 FULLMETA... >>