戦場のヴァルキュリア 第二十一章「はかなき絆」   

2009年 08月 30日

 第7小隊にも出撃命令が下った。しかしアリシアが銃で撃たれ重傷との知らせが入りウェルキンは動揺。しかし帝国軍を食い止めることがアリシアを守ることと思い出撃するのでした。

 今回はファルディオが可哀想に思えた回でした。散っていった第一小隊の隊員に報いる為に、好きな女の子に銃を向けて撃たなくてはならない程に追い詰められていたし、ヴァルキュリアの盾と槍手に入れる為にコーデリア姫を拉致ることも厭わないファルディオ。どんな罰を受けるかわからないのに……。
にほんブログ村 アニメブログへ   web拍手を送る



 驚異的に回復しているものの目を覚まさないアリシアの傍らでファルディオが必死に呼びかけていても反応を示さないのに、無線からウェルキンの声が聞こえると虚ろなからも目を覚ましてしまうし。ウェルキンの名前を使ってアリシアを動かそうとするしかないファルディオはやるせないよね~。

 ガリア軍はセルベリア一人の為に最終防衛ラインまで下がることになってしまいました。ウェルキンたち第7小隊も打つ手がなくピンチ! 無能なダモン将軍にはこの事態を打破する策なんて考えつきませんでした。突発的にコーデリア姫に縋り付くなんて無様としか言いようが無いです。

 そこへ意識があるのか無いのか、虚ろな目をしたままのアリシアがヴァルキュリアの盾と槍を持って前線に現れた。とりあえず自分に害を及ぼすものが殲滅対象となっているようで、攻撃を仕掛けてきたセルベリアと対決! 戦闘民族の本能のままに戦っているようなアリシアは、セルベリアを上回る身体能力で攻撃を躱すと、自分に砲撃してきたケルビムを攻撃し撃破! マクシミリアンだけはセルベリアが助け出しましたが、イエーガー将軍の判断により帝国軍は撤退ということになりました。

 驚き戸惑うウェルキンがアリシアに声をかけると赤くなっていた瞳の色が元に戻り倒れるアリシアでした。

 セルベリアと対峙した時、セルベリアの脳裏に浮かんだツインテールの女の子は小さい頃のアリシア? セルベリアの生き別れの妹とかなの? でもアリシアの髪の色はセルベリアやコーデリア姫みたいな銀髪じゃないし??
 今回のアリシアは戦闘民族ヴァルキュリアの本能のままに動いていただけだと思うので、次とかあるのかな? セルベリアのようにヴァルキュリア人の能力を意のままに操る事が出来る様になるのかな??

次回 第二十二章「とまどい」





★exciteにTBが飛ばない方はミラーブログを設置しておりますのでこちらもどうぞ。
たらればブログ別館→http://blog.livedoor.jp/justy04_1/
[PR]

by saigakuji_x20a | 2009-08-30 01:24 | アニメ | Comments(0)

<< 仮面ライダーディケイド 第31... 仮面ライダーディケイド 第30... >>