バスカッシュ! 第19話「ターン・オーバー」   

2009年 08月 08日

 エキシビジョン・マッチの為に再びタービンの町を訪れたダンたち。町には以前とは違う空気が漂っていました。
 油と鉄の臭い。絶望と幻滅が澱んで風が重い…。

 今回がデビュー戦のナヴィはBFのフリをして出場。はるか曰く“説明が面倒くさいから”。確かに説明は難しいですね。。
にほんブログ村 アニメブログへ   web拍手を送る



 ゴールの場所は、片方はヤンの居るビルでこもう片方はセラが昔暮らしていた家でした。指定したチームは「オールド・タイマーズ」でセラのバスケの先生でした。
 この3人、年寄りと思って侮っていたら大間違い! 実に基本に忠実で、そのレベルが高い。ダンたちは苦戦です。こーなるとBFBは年齢が関係ないんですね。さすがに、操作の反射は衰えるけどね。

 試合はダンたちが従来とは違った動きでセラにシュートさせ勝利。今回の試合はヤンの会社の施設を壊すというチョットした抵抗を盛り込んだものだったようです。ヤンはジェイムズに「テロだ」とクレームをつけますが、ジェイムズは「スポーツですよ」と受け流すのでした。
 なんか最近のジェイムズがカッコイイんですけど!!!

 セラの持っていた写真を「幸せの写真」と評したなナヴィへの好感度がUPしたセラなのでした。

 Bパートはココの回想でプチ総集編っぽい。

 ダンとココにバスケを教えた青年はココに「将来物凄いバスケの選手になったら月に連れて行ってあげるよ」と言っていました。以前にダンも言っていたけど、ココの方が才能あったのね。しかしBFのせいでココの脚は潰されてしまった。青年はココにパソコンを与えます。
 そのパソコンで世界が広がり収入を得るようになったココは、事故のあった日から変わってしまったダンをキズつけると分かっていても拒否するしか出来なかった。

 しかしダンは仲間や“バスカッシュ”に出会って変わった。ココは疑問に思います。ダンはどうして上手くBFを扱えたのか? それは視聴者にも分からないワ。
 ココの脚が潰された事故は“事故”ではなくて“伝説の卵”であるココを潰しにかかった陰謀だったようです。スラッシュは多少責任を感じているようで、約束通りにココを月に連れて行ってあげました。“凄いバスケの選手”にはなれなかったけど、ココはスラッシュが認める凄いレポートを書くようになったから。
 となると、体を使わないBFBで開花したダンは遅咲きで良かったということですかね。早くに才能が芽生えていたらダンにも何か危害が加えられていたでしょうし。

 アースダッシュの引力に引かれてか、月が近づいているようですね。“伝説”がソレを止めることが出来るとでも考えているのでしょうか?

 次回はミユキのターン? ところで、アイスマンはどうなったの!?

 他の放送局さんではダーカーザンブラックの予告映像が流れたところもあったようですが、ウチの県では予告映像が無かった! 放送しないってコトですか? 前作は放送したのに!?
 私は前作は視聴しなかったけどね…なんか気になる。

次回 第20話「フィットイン・ブレーク」

http://blogs.yahoo.co.jp/sebasuciel/trackback/63320/5481249





★exciteにTBが飛ばない方はミラーブログを設置しておりますのでこちらもどうぞ。
たらればブログ別館→http://blog.livedoor.jp/justy04_1/
[PR]

by saigakuji_x20a | 2009-08-08 16:21 | アニメ | Comments(0)

<< 懺・さよなら絶望先生 第5話「... 07-GHOST Kapite... >>