懺・さよなら絶望先生 第1話   

2009年 07月 11日

落園への道/春の郵便配達は二度ベルを鳴らす/晒しが丘

 あの絶望先生が三度TVに戻って来ました! といっても私は「俗~」からしか観てないんだけど。
 OPの大槻ケンヂさんたちの曲も「あぁ、絶望先生だわ~」と思わずに懐かしくなってしまう変わりないノリ! 今期も以前のようにあの手この手とイロイロやってくれることを期待しています! ただソレに付いていけるかは別としてですが。

 久しぶりに聞いた「絶望した!」の糸色望CV! やっぱり私の中では神谷さんは“絶望先生”のイメージが強すぎる! ティエリアよりもコッチだね!!
 でも女子キャラの名前、あんまり覚えてなかった。また覚え直さなくちゃ……。
にほんブログ村 アニメブログへ   web拍手を送る




 で、OPの後に始まった前回までのあらすじ。イヤ、前回とか無いし、あらすじにもなってないから!
 こーいうトコロが「絶望先生」だねぇ、うんうん。(シミジミ

落園への道
 糸色望→絶望!? ということで、縁起が悪いからと受験が終わるまでどこかに監禁されてしまった絶望先生。実は一人になりたかったと喜んでいたが、生徒は先生の奪還に乗り出した!! 常月の腕に巻かれた包帯から絶望先生の居場所を突き止めた生徒達は、おのおのの武器(?)を持って突入! スコップや金属バットはともかく、コミケのパンフも立派な凶器になっていた!!
 スプラッタな惨状を乗り越えて先生を救出しようとしたところ、今度は受験生が絶望先生を崇め始めた!
 「絶望先生」は“オチ”が無い。だから「落ちない」ということだそうです。でも“滑る”はあるらしいよん。

春の郵便配達は二度ベルを鳴らす 「春の便り」がテーマ。世の中、ポジティブな春の便りばかではなく、ネガティブな春の便りも多い。しかしお便りをもらったらお返事を出さなくてはならない! 千里はお返事として議事堂に瓶に油と紙を入れたモノ(俗に言う火炎●)を用意して……。

晒しが丘
 夏休みに「自分探し」の旅に出ると言う生徒に「自分探しの旅のつもりが自分晒しの旅になる」と忠告。しかしい結局他人が自分を晒すのを見たいがために絶望先生もツアーに参加することになった! ガイドは倫ちゃんです。
 一応“つづく”だって。続かないよねぇ??

「俗~」の時は原作も知らずに観たので世界観について行けなかったけど、今回は世界観も掴めているので以前より楽しめると思います。





★exciteにTBが飛ばない方はミラーブログを設置しておりますのでこちらもどうぞ。
たらればブログ別館→http://blog.livedoor.jp/justy04_1/
[PR]

by saigakuji_x20a | 2009-07-11 22:35 | さよなら絶望先生【終】

<< 戦場のヴァルキュリア 第十四章... 07-GHOST Kapite... >>