アスラクライン EX013(最終回)「呪われた罪人の烙印」   

2009年 07月 04日

 加賀篝によって学園の修学旅行生徒が乗っている飛行機がジャックされてしまいました。加賀篝の要求はイグナイターで、智春に持って来るようにというものでした。
 第三生徒会の会長に預けていたイグナイターを手にした智春は操緒と加賀篝のところに行こうとしますが、奏も同行することになます。二度と黒鋼で戦わないという約束を破ったが為に奏を泣かせてしまった智春だったのでチョット気まずい…。
にほんブログ村 アニメブログへ   web拍手を送る



 ジャックされた飛行機に連れて行かれた智春たち。飛行機は加賀篝によって時間を止められた状態になっていました。これってかなりの魔力が必要なんじゃ? ベリアルドールにかなりの負担がかかるんだよね?
 智春は要求通りにイグナイターを渡しましたが、加賀篝は智春を抹殺しようとします。そこへ駆けつけた第二、第三生徒会の会長たちでした。
 戦いは加賀篝が有利かと思われましたが、そろそろベリアルドールが限界ということ引き上げてくれました。しか時間が動き始めた飛行機ではエンジンにダメージがあり、このままでは失速して墜落という最悪な事態に。
 そこで智春が黒鋼で機体を浮かして高度を保ち、玲士郎が作った“滑走路”に着陸させることにしました。皆に別れを言うベリアルドールの哀音。何故別れなんか? と思っていたら……。

 飛行機はなんとか無事に着陸し、智春もホッとします。操緒は「疲れた」と姿を消してしまいました。しかし智春には残酷な現実を知ることになります。
 機巧魔神はベリアルドールの魂や感情の質量を削って操縦者の願いを叶える。感情を使い切ってしまったら消えてしまうというものでした。玲士郎の機巧魔神の中のベリアルドールが入っていたカプセルは空になっていて、玲士郎の手の甲には「呪われた罪人の烙印」が刻まれました。
 どうして誰も教えてくれなかったんだ、という智春。これで奏が二度と機巧魔神で戦わないで欲しいと言った意味が判りました。 加賀篝がベリアルドールを機巧魔神から解放したい理由もこの為なのかな?

 第三生徒会長の額にも「呪われた罪人の烙印」がありましたね。これはベリアルドールの魂を使い切ってしまった操縦者の印ということなのでしょうか?
 今回は哀音と玲士郎に泣かされました。(涙) 今回が一応最終回ですが、続きは今秋からだそうです。楽しみに待ちます! 第二期には智春の兄も出るのか?? 智春は奏と契約するのか??題名が「アスラクライン」だしねぇ。

 「アスラクライン」はangelaの主題歌が聞きたくて観始めたのですが、私にとってはビンゴな作品でした。予備知識無しで観たので最初はワケワカラン状態だったので記事は載せなかったのだけど、キャラの背景とかストーリーが少しずつ分かってくるとオモシロクなって来て! 今期は未だ序章部分でしかないのでしょうが、続きが気になっちゃう作品になりました。原作も読みたくなった!

 秋までは「懺・さよなら絶望先生」を視聴しま~す。これも私的には待望の新シリーズだし!





★exciteにTBが飛ばない方はミラーブログを設置しておりますのでこちらもどうぞ。
たらればブログ別館→http://blog.livedoor.jp/justy04_1/
[PR]

by saigakuji_x20a | 2009-07-04 22:48 | アニメ | Comments(0)

<< バスカッシュ! 第14話「スプ... 07-GHOST Kapite... >>