07-GHOST Kapitel06 「光に通ずる正しき道は」   

2009年 05月 14日

 なかなかお話が進みませんね。テイトとミカゲが一緒に居る時間が長いのは嬉しいことですけども、もう半分なのでしょ? 違うの? 心配になってしまいます。

 一年に一度の洗礼の日です。その日はバザーも合わせて開かれていて、フラウ以下司祭たちもお店をひらいていました。
 ラブラドールはお花の砂糖漬けのお店。カストルはお洋服のお店(元は人形の為に作った物でしたが)。そしてフラウは……ゲテモノの肉の串焼き(!!)ギャー ((+_+))
にほんブログ村 アニメブログへ   web拍手を送る




 テイトはミカゲとバザーを楽しみますが、ミカゲの事が心配です。テイトは居なかったことにすると言うミカゲですが、アヤナミにそんな嘘が通じるとは思えませんね。
 そこでテイトはミカゲの今後の事を心配してフラウに、ミカゲを教会で預かって欲しいと頼みますが、フラウは快く引き受けるものの“ミカゲは自分の事は自分で決めるヤツだ”と言いテイトもそれは納得します。

 ミカゲは教会に突っ込んできた馬車の中に妹を見つけましたが、既に彼女はコールと契約をしていました。「一人は嫌だ」と言う彼女にミカゲはずっと一緒に居るからと言ってもコールとなった彼女はミカゲに襲い掛かります。
 コールの出現はフラウたちも察知しています。カストルは場所まで特定しているんですね。人形の目を通しているのかな?

 大ピンチのミカゲの元に辿りついたテイトもコールに攻撃をしますが全く通じない。本気でヤバイと思った時にテイトに異変!? 新しい力の覚醒?? しかしテイトはそれをコントロールできなくて。
 再びのピンチを救ったのはフラウでした。

 教会に妹のコールを送り込んだのはアヤナミで、コールの目を通してテイトを発見して何かを試していたようです。でもコールを倒したフラウの存在には未だ気付いていないようですね。
 それにしてもコールを操るなんて、アヤナミって何者???

次回 Kapitel07 「翼に喰われた魂は愛しい我子の夢を見る?」





★exciteにTBが飛ばない方はミラーブログを設置しておりますのでこちらもどうぞ。
たらればブログ別館→http://blog.livedoor.jp/justy04_1/
[PR]

by saigakuji_x20a | 2009-05-14 00:34 | 07-GHOST【終】

<< 戦場のヴァルキュリア 第六章「... 戦国BASARA 第06話「裂... >>