CLANNAD~AFTER STORY~ 第18話「大地の果て」   

2009年 03月 07日

 汐、良い子ですね。そういう子供に育てた早苗さん(達)は凄い人(達)です。そして、朋也のお祖母さんも素晴らしい方でした。

 朋也と二人で旅行に出かけた汐。
 電車内で朋也は煩い他所の子供を怒鳴りつけてしまいました。その直後に汐は黙って席を立ってトイレへ向かいました。トイレから出てきた汐が目を赤くしているので、泣いていたことに気付く朋也。どうしてトイレで?
 汐は早苗に、泣いてはダメ。泣いて良いのはトイレと或る場所だけだと教えられていたのでした。

にほんブログ村 アニメブログへ   web拍手を送る




 お土産店で汐にロボットの玩具を買ってあげる朋也。女の子なのに…。しかし汐は気に入ったようです。やっぱりどっか違う子供なのか?
 旅館で汐に「ママのこと、教えて」と言われても「早苗さんに聞け」と答える朋也。しかし早苗は朋也に聞くようにと渚のことを教えていないようでした。早苗さんスゲーよ。

 一面のお花畑に夢中になる汐。しかし朋也はこの風景に覚えがありました。朧な記憶をたよりに道を歩いていると、一人の老女に出会いました。彼女は朋也の祖母で、早苗からその場所で待っていれば朋也に会えると言われて待っていたのだとか。
 早苗さん、つくづく凄いんですけど。

 朋也は祖母から父の昔話を聞かされました。妻を事故で亡くし、今の朋也と似た状況にあったけど朋也を育てる為に頑張り続けた父の話。徐々に昔の父を思い出した朋也の中では父への反発や蟠りが消えていくようでした。今の朋也よりずっと頑張っていたんですね。
 デキ婚でもないのに高校生で結婚したのかぁ…ヤルなぁ。

 花畑で失くしたロボットを探す汐。初めてパパが選んで買ってくれた、たった一つの物だから諦められないと言う汐。ずっと寂しかったと言った汐。ようやく心を開いて、汐の傍に居て良いか? と聞く朋也を許してあげる汐にメチャクチャ泣かされました!!
 泣いて良いのは、トイレとパパの腕の中でだけ。汐はパパの初めて腕の中でワンワン泣いたのでした。

 帰りの列車の中で再度汐に「ママのこと教えて」と言われ、少しずつ語りだした朋也の中には渚との思い出が溢れ出して涙が止まらなくなりました。汐も一緒に泣いてしまってカワイイです。
 止まっていた朋也の時間が5年ぶりに動き出したのでした。

 ようやく見つけた守りたいもの。それは汐でした。汐もだんご大家族が好き。“ママの臭い”なのだそうです。

次回 第19話「家路」





★exciteにTBが飛ばない方はミラーブログを設置しておりますのでこちらもどうぞ。
たらればブログ別館→http://blog.livedoor.jp/justy04_1/
[PR]

by saigakuji_x20a | 2009-03-07 12:54 | CLANNAD-AFTER STORY- | Comments(0)

<< 黒執事 第21話 「その執事、雇傭」 ソウルイーター 第47話「奇跡... >>